コトキジ KOTOKIJI

ご祝儀の知識①

ご祝儀の基礎知識

twitterfacebook

#イベント #暮らし #大人ですから

社会人になると、ご祝儀を贈る機会も多くなってきます。これまでは入学祝いや卒業祝いなど受け取ることが多かったご祝儀も、今度は贈る側に。実は、ご祝儀には日本人ならではのきめ細やかなマナーがたくさん詰まっています。
ご祝儀に合った水引の選び方から、表書きのマナーまで、わかりやすくご紹介します。

ご祝儀の基礎知識

■のしの由来

のしは、元はあわびの肉を薄くそぎ、火熨斗(アイロンのようなもの)で引き伸ばして、乾燥させたものを使用していたそうです。
日本では古来より、祝い事の際にはお酒と海産物を贈る習慣があり、その中でもあわびは最高のものとされていたため、あわびの代わりにのしあわびをつけることで、心を込めた最高のおくりものという意味合いを持たせたといわれています。
こののしあわびは、やがて紙で代用されるようになり、現在の形になりました。
現在では、紙を折ったものや、印刷であらわすものがあります。

■包みと折り

地域によってのし袋の折り方が異なる場合があります。
関西圏では「ふろしき包み」と呼ばれる折り方、関東圏では「たとう折」「たとう包み」と呼ばれる折り方があります。
のし袋の原型といわれる「金子包み」では、中包みを「ふろしき包み」、外包みを「たとう包み」にすると決められていたといわれています。その後、地域によってそれぞれの包み方が定着したようです。

提供: 株式会社デザインフィル

記事配信日:2014/11/01

PageTop