コトキジ KOTOKIJI

ありそうでなかった!立つふせん

SUTTO(スット)

twitterfacebook

#ステーショナリー #胸キュン文具 #ついつい集める○○ #使ってみた

デスクで使いやすい形を追求した、「立つ」フィルムふせんができました。手に取りやすく、サイズ調整ができる。
いつでも必要なときに必要な用途でさっと使える。
そんなふせんをご紹介します。

■SUTTO(スット)の魅力

①立つのです

img_item_kotokiji_sub_01

なんとふせんが自立しています。
デスクにすっきりと立てて置け、いつでもさっと手に取れます。

②書き心地のよいボード

img_item_kotokiji_sub_01

ボールペンでしっかり心地よく書けるマット&すべり止め付き。片手ですらすらと書けます。

■ロフトアプリ編集部も実際に使ってみました①

img_item_kotokiji_sub_01

確かに片手ですらすら書けます!裏面のすべり止めが絶妙に押さえてくれています。フィルム素材はボールペンがすべってしまって書きにくいことがありますが、少しマットな表面になっていて、すべることなく書きやすいです。

img_item_kotokiji_sub_01

このようにパソコンの上に立てかけて…メッセージボードとして使ってみました。
ボードに罫線も引いてあるので、メッセージが読みやすく書けました。

③サイズ調整して使える

img_item_kotokiji_sub_01

ふせんには等間隔でミシン目が入っています。
ロールタイプで長さ調整ができ、メモにもマークにも使えます。

■ロフトアプリ編集部も実際に使ってみました②

img_item_kotokiji_sub_01

ぺりぺりと切り離し、手帳の予定のマークにしてみました。
いつもはマーカーを引いてその上に文字を書いたりしていました。SUTTO(スット)は色つきフィルムふせんなのでメモも書きこめて、きれいにマークができました。
ミシン目を利用してTO DOリストを作り、手帳に貼って完了した項目からぺりぺりはがすのもいいですね。

④「PENtONE(ペントネ)」のふせんと共用できる

img_item_kotokiji_sub_01

昨年発売されて以来好評のPENtONE(ペントネ)と、リフィルを共用できます。合わせて21柄からお好みの柄をえらんで、使う楽しみもいっそう広がりそうですね。

■PENtONE(ペントネ)とは

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

ペンサイズのケースにふせんを内蔵した、ペン感覚で持てるフィルムふせんです。
ペンといっしょに持ち運びやすく、ペンと単体で持つときも、
ペンケースに入れる際もかさばりません。

img_item_kotokiji_sub_01

今までありそうでなかった、立つふせん。
会社やお家、色々な場所で活躍してくれそうですね。

ご紹介した商品は、全国のロフト各店舗のほか、ネットストアでもお取扱いしています。
ロフトネットストアはこちら

※店舗でのお取扱いについては、ご希望の店舗までお問い合わせください。

PageTop