コトキジ KOTOKIJI

時間がない方もここだけはやっておこう!

キッチン周りの掃除

twitterfacebook

#暮らし #一人暮らし一年生 #大人ですから

水と火が同居し、生ものや油を使うキッチンは、家の中で掃除が一番大変な場所。
水回りとなるシンク周辺は、こまめな掃除で水垢を予防し、除菌・消毒を心がけましょう。

【シンク回り】

[使うもの]
掃除クロス
歯ブラシ
スポンジ
重曹水
重曹ペースト
液体せっけん

調理台はまず水拭き&から拭きから

img_item_kotokiji_sub_01

ステンレスでも人工大理石でも手入れは同じ。調理後は掃除クロスで水拭き&から拭きを。
油や調味料の汚れは、重曹水でふき取るのがおすすめです。また、サビには重曹2:水1の割合で作った重曹ペーストを歯ブラシにつけて、こすってみましょう。

ピカピカな蛇口で清潔感を演出

img_item_kotokiji_sub_01

急な来客であわててサッと掃除する時は、とりあえず水栓金具をピカピカに。
シンク周辺でも一番目につく場所なので、ここだけでも掃除クロスで磨くとキッチン全体がきれいに見えます。

ステンレスの“目”に沿って掃除

img_item_kotokiji_sub_01

シンクの掃除は、食器洗いの延長ですませましょう。
シンク全体に水を打ち、スポンジでよく泡立てた液体せっけんを塗ります。ステンレスの“目”に沿って洗えば、格段にきれいになる上、こすりすぎて傷つける心配もありません。

【排水口・三角コーナー】

[使うのも]
重曹
漂白剤
クエン酸水
歯ブラシ
排水口ブラシ
スポンジ
アルカリ性洗剤

重曹+クエン酸水で排水管もすっきり

img_item_kotokiji_sub_01

排水口の汚れ・ヌメリ落としには、重曹+クエン酸水がおすすめ。
手の届きにくい排水管は、カップ2分の1杯の重曹を振り入れ、温めたクエン酸水を注ぎます。化学反応で発砲し、汚れやヌメリを吸着するので、排水口ブラシでこすった後、水で流せば完璧です。

ストレーナーは月に1度ほど漂白剤で

img_item_kotokiji_sub_01

排水口のストレーナー(ごみ受け)は、あらかじめごみを出し、アルカリ性洗剤か重曹をつけたスポンジで洗いましょう。
菊割れゴムも一緒に歯ブラシで掃除を。
月に1度、10%程度の濃度に薄めた漂白剤でつけ置き洗いすれば、嫌なニオイも消臭できます。

掃除後の除菌で三角コーナーあいつも清潔

img_item_kotokiji_sub_01

汚れがちな三角コーナー。ごみはこまめに捨て、ストレーナー同様、洗剤を付けたスポンジや歯ブラシで掃除。すすいだ後は、除菌効果のあるクエン酸水スプレーを吹きかけます。

まな板、スポンジなどは熱湯消毒を習慣に

img_item_kotokiji_sub_01

まな板、スポンジ、たわしなど、食材や食器に直接触れるものは、洗った後に熱湯を回しかけて消毒を。
まな板のにおいが気になる場合は、重曹を振りかけてスポンジでこすりましょう。洗浄+消臭のW効果で清潔を保ちましょう。

提供:枻出版社

媒体名:そうじ収納の基本

img_item_kotokiji_sub_01

せっかくの休みの日はきれいな部屋でゆったり時間を過ごしたいもの。そんな居心地のいい空間を手に入れるためのそうじと収納のコツを紹介します。自分に合った方法で理想の生活空間を手に入れましょう。
枻出版社サイト

記事配信日:2014/12/31

PageTop