コトキジ KOTOKIJI

【連載】「文具は別腹」その33

ペンも入る。のびるポケットシール

twitterfacebook

#文具は別腹 #雑貨モノ知り

甘い物はいくらでも食べられるように、文具もいくらでも買ってしまう「文具は別腹」な方々。そんな皆さんの別腹を大いに刺激する文具コラム。ステーショナリー ディレクターとして色々な文具を見てきた私、土橋(つちはし)が、その使い心地も含めてご紹介していきます。(毎月第二金曜日・第四金曜日配信)

       *****

今、文具ユーザーの間で「カスタマイズ」が人気だ。

既成の文具のままでは、ちょっと不便に感じたりするところがあれば、自分なりのひと工夫を加えていったり、または自分好みのスタイルにカスタマイズして気分良く使っていったりなど色々ある。カスタマイズをすることで、文具をより使いやすく、自分らしくすることができる。つまり、カスタマイズとは、文具とユーザーとの距離を引き寄せていく作業とも言える。文具との一体感を生みだしていくのだ。

このカスタマイズアイテムは、その一体感がすこぶるよい。

■ ノートや手帳に貼り付けるだけ

img_item_kotokiji_sub_01

これはシールで貼り付けて使うポケット。これまでもこうしたジャンルの商品はいくつもあった。これが新しいのは、ポケットの素材が伸縮するところだ。伸び縮みすることで、たとえばペンなど太さのあるものでも入れやすくなる。

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

実際にペンをセットしてみると、ポケットがほどよく伸びてピタリとフィットする。逆さにしてもしっかりホールドしてくれる。裏面はシールになっているので、ノートや手帳などに貼り付けておけば、好きなところにペンホルダー兼ポケットが作り出せる。

img_item_kotokiji_sub_01

なお、この粘着は貼って剥がせるタイプではないので、貼り直しはできない。貼る時は心して行う必要がある。

img_item_kotokiji_sub_01

ペンだけでなく、シャープペンと一緒に消しゴムを入れたりすることもできる。もちろん、紙のような平らなものもOK。名刺なら1枚〜10枚くらい入れておける。

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01


■ 使わない時はほぼフラットで邪魔にならない

ペンなどを入れている時は、伸びてふくらんでいるが取り出して中を空にすれば元のフラットな状態に戻る。ノートや手帳に貼り付けても、いざ開いて書こうする時にポケットが邪魔に感じることもないだろう。

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

ノートや手帳だけでなく、クリップボードの裏面などペンをセットしたいものに色々と使えそうだ。

私はかねがね書くもの(ペン)と書かれるもの(ノートや手帳)は一緒にいるべきだと考えている。書くものだけでも、書かれるものだけでも「書く」という役割を果たすことができない。2つが一緒になってはじめて「書く」という共同作業が成立するのだ。その意味で、この「のびるポケットシール」はペンと紙をうまく結びつけてくれるものであると思う。

img_item_kotokiji_sub_01

[デザインフィル のびるポケットシール 各色 税込704円]

ご紹介した商品の一部は、全国のロフト各店舗・ネットストアにて取扱っております。
これまでの「文具は別腹」連載バックナンバーはロフトアプリ外、ネットストアの特設ページにてまとめてご覧いただけます。

記事配信日:2019/12/13

PageTop