コトキジ KOTOKIJI

コスメフェスティバル2019AW インタビュー

メイクアップアーティスト ALISAのメイク講座

twitterfacebook

#ビューティー #メイク #イベント #使ってみた #高まる女子力

全国のロフト各店舗で開催中の「コスメフェスティバル2019AW」では、ロフト先行販売や限定品も合わせ、注目のアイテムを取りそろえて皆さまをお出迎えしております。今回の記事では、YouTubeで動画クリエーターとしても活躍中のメイクアップアーティスト ALISAさんにインタビュー。数あるラインナップの中からおすすめアイテムとその使い方を、メイクアップ担当バイヤーとともにうかがってきました!

■コスメフェスティバル展示会イベントにて

img_item_kotokiji_sub_01

9月14日(土)に大阪・難波で行われたロフトの展示会イベント「コスメフェスティバルオープニングパーティ」には、ALISAさんも登場。専用ブースで抽選で選ばれたお客様にタッチアップをしていただきました。そんなイベントの会場で、ALISAさんに秋冬新作コスメの中から、3つのお気に入りアイテムについてお話を聞かせていただきましたよ!

【メイクアップアーティスト ALISA PROFILE】

img_item_kotokiji_sub_01

C Channel所属の美容クリエイターであり、現役メイクアップアーティスト。登録者数10万人(※2019年9月現在)を誇る自身のYouTubeチャンネル「ALISAのメイク講座」では、初心者向けのメイク動画を中心に、わかりやすいテクニックとメイクのお悩み解決のコンテンツで大人気。他、メイクアップアーティストとしては、テレビ局アナウンサー、芸能、人気アイドルグループ、ブライダルなどのメイクアップアーティストとして活躍。他、ブライダル系専門学校のメイク講師としても活動している。


YouTubeチャンネル ALISAのメイク講座
Instagram @makeup.by.alisa
Twitter @makeup_alisa

■インタビュー&タッチアップスタート!

img_item_kotokiji_sub_01

▲メイクアップ担当バイヤー(以下、BY/手前)とALISAさん

img_item_kotokiji_sub_01

▲ALISAさんおすすめアイテムたち

1. LOREAL PARIS(ロレアルパリ) メガパレット

img_item_kotokiji_sub_01


― 秋色な贅沢2パレット/全32色から、ALISAさんおすすめのカラーを教えていただければと思います。

今年はテラコッタカラーの柿色メイクが流行っているので、01番「チェリーマイシェリー」のパレットから柿色と秋に使いやすいボルドーカラーが気になりました。

img_item_kotokiji_sub_01

▲点線で囲んである2カラーがALISAさんのお気に入り

― ロレアルパリ メガパレットは01番・02番とありますが、こちらのパレットのほうがお好みでしたか。

そうですね。02番「ベリーマッチラヴ」はどちらかと言えばブルーベースの肌に映える色味のような気がします。私は、イエローベース寄りなので01番のパレットのほうが馴染むと思いました。

img_item_kotokiji_sub_01


― ありがとうございます。バイヤーはいかがでしょうか。

BY:「チェリーマイシェリー」のパレットはベージュブラウン、オレンジなどを基調に、どなたでも使いやすい色味のパレットになっているかと思います。

― 「ベリーマッチラヴ」も可愛いので迷ってしまいますね。ALISAさんなら、どんなシーンでおすすめのカラーを使いますか。

私はいつも、その日のお洋服に合わせてメイクを変えるのですが、この柿色はカジュアルなお洋服の時に塗りたくて。ボルドーのカラーはキレイ系の格好の時に使いたいですね。プライベートでもすでに使わせていただきました。「ベリーマッチラヴ」は鮮やかなカラーが中心なので、女子会やイベントのなど華やかなシーンで使うと良さそうですよね。

~使い方その1 単色でカジュアルメイク~

① 黒目の上、まぶたのキワに指でアイシャドウをぽんとのせる

img_item_kotokiji_sub_01

カジュアルなお洋服に合うメイクを教えていただきました。先ほどご紹介いただいた柿色を指に取って、まぶたにのせます。一番始めにのせたところが一番強く発色するので、目を大きく見せたい時は黒目の上から始めるのがおすすめです。切れ長に見せたい時は目じりからスタート。

② 真ん中から、目じり・目頭に向かって指をスライドさせて、色を馴染ませる

img_item_kotokiji_sub_01

指を目のキワから、左右に動かしながらグラデーションを作ります。ブラシとは違い、ラフな印象が作れるのが、指塗りの良いところ。簡単ステップで単色グラデのできあがり。

~使い方その2 キレイめグラデメイク~

① ブラシに淡く明るいアイシャドウを取り、手の甲で馴染ませる

img_item_kotokiji_sub_01

キレイに色を重ねて作りこむのなら、ブラシを使って。ALISAさんおすすめの色、ボルドーをメインにした3色で大人キレイめグラデメイクを作ります。まずは一番淡く明るい色を広めのブラシに取ります。

img_item_kotokiji_sub_01

このままだとまぶたにドバッとついてしまうので、手の甲で馴染ませて、余分な粉を落とします。こちらの色は、目のキワからまぶた全体に塗り広げていきます。この時、まぶたをもう一方の手の指でぴっとあげられると、キワまでキレイに塗れますよ。

img_item_kotokiji_sub_01


② 中間の色をアイホールまで伸ばす

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

次の中間色も同じ手順で、今度はキワからアイホールまで伸ばします。先ほどよりも細みのブラシ。

③ シメ色、ボルドーをチップに取って

img_item_kotokiji_sub_01

いよいよメインの色。しっかりと発色させたいなら、チップを使いましょう。こちらも手の甲で馴染ませてから、目じりから目頭に向かってキワに重ねます。

④ 何も付いていない指で色の境目を馴染ませてフィニッシュ!

img_item_kotokiji_sub_01

最後にワンポイント!こうすることで、より美しいグラデーションに仕上がります。使ったツールはこちら。

img_item_kotokiji_sub_01

[LOREAL PARIS メガパレット 各色 税込2,860円]

2. kiss(キス) メイクリタッチパレット

img_item_kotokiji_sub_01


― こちらのお直しパレットは、バーム・コンシーラー・ハイライトの3つを合わせた商品ですが、ずばり魅力に感じたポイントを教えてください。

「マルチバーム」は、乾燥でメイクがひび割れた時の馴染ませアイテムとして使えたりとか。あとは、アイメイクがパンダ目になった時は、油分を馴染ませればより落ちやすいです。役に立つと思います。

― そういう使い方もあるんですね……!知らなかったです。

こっちの「コンシーラー」のほうは、私が持っているのは02番「ナチュラル」のお色ですね。メイクをしてから時間がたって、青グマも出てきた時に重ねたりとか。オレンジ色は、反対色なので。

― なるほど。私も青グマが出がちなので気になります。あとは「ハイライト」ですね。

img_item_kotokiji_sub_01

「ハイライト」は、乾燥肌の方は特に。乾燥すると、ベースメイクがマットになりがちですよね。なので、お化粧直しの時に「ツヤゾーン」と呼ばれる、頬骨の上の部分にツヤを仕込むことで全体の印象をツヤ肌に見せることができます。

img_item_kotokiji_sub_01


― ALISAさんがおっしゃる通り、お直しに必要な最低限のアイテムが詰まった気になるパレットになっていますが、バイヤーはこの商品の魅力をどう捉えていますか。

BY:そうですね。この、ポケットや小さめのポーチにもスッと入れられるスマートなサイズ感が一番の魅力かな、と思いますね。あとは「バーム」がお直しパレットに入っているのは、珍しいです。バーム・コンシーラー・ハイライトの3つがセットになっているのは、とても便利かと思います。

~使い方 バームで簡単、パンダ目レスキュー~

① 綿棒にマルチバームマルチバームを取る

img_item_kotokiji_sub_01

今すぐ実践したい、お直しテクニックから、バームを使ったレスキューをご紹介。大変!アイメイクが溶けて、パンダ目になっちゃった!そんな時は、ポケットに忍ばせたお直しパレットのバームを綿棒に取って……。

② 馴染ませて、パンダ目をリセット!

img_item_kotokiji_sub_01

気になるところに馴染ませて、汚れを絡めとります。これでリセット。絶対に擦りたくないデリケートなお肌の目元にうるおいもプラス。これなら細かい修正にもサッと対応できますね。バームや綿棒が目に入らないよう、注意して行ってください。

[kiss メイクリタッチパレット 各色 税込1,320円]

3. MAYBELLINE N.Y(メイベリンニューヨーク) スーパーステイインククレヨン

img_item_kotokiji_sub_01

▲ALISAさん、お手持ちのアイテムはロフト限定色 45番「HUSTLE IN HEELS(ハッスルインヒールズ)」

― 最後のアイテム。こちらはクレヨンタイプのリップとなっていますが、キレイに使うコツを教えてください。

このメイベリンのリップは、先端が細いんですよ。もし、使っているうちに潰れてきてしまったら、おしりに付いているシャープナーで削ることができます。常に先を細く保つことができるんです。

― 私は不器用で。このアイテムならオーバーリップになりがちな、苦手なリップラインも克服できそうです。シャープナー、これは便利ですね!

そうですよね!細い先端でリップラインをキレイに縁どることができます。それに側面の幅の広い面を倒したら、全体をするっと塗ることができるんです。

img_item_kotokiji_sub_01


― このアイテムは“ステイ”、落ちにくいのも魅力だと思います。使用感はいかがでしたか。

落ちにくいのはもちろん、軽い付け心地なのも良かったです。発色に関しては、薄く伸ばせばシアーな印象に。しっかりと重ね塗りをしたら高発色に調整できるので、幅広いメイクに使えるアイテムですね。

― バイヤーからも、こちらのリップの魅力を。

BY:はい。「メイベリン ステイマットインクシリーズ」は、リキッドタイプもあって、そちらも落ちにくく、人気のアイテムなんです。今回のクレヨンタイプは、そこに塗りやすさをプラスした、不慣れな方も手軽にトライできるアイテムになっているかと思います。こちらの45番のロフト限定色は、しっかりした赤色。大事なシーンや、今日は頑張りたいな、という気持ちの時に使ってほしいですね。テンションが上がるかと。

img_item_kotokiji_sub_01

▲おまけ:バイヤーがこの日、唇に付けていたトレンドのテラコッタブラウンカラーのリップ(LOREAL PARIS ルージュシグネチャー130番サンセットブラウン)に「すごく可愛いですね~。」と気が付いたALISAさん。バイヤーから商品の説明を受けている

~使い方 クレヨンリップでシアーな印象を目指す~

① 縁取りもラクラク

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

まずは唇全体を保湿。その後、きちんと先端でリップラインの縁どりを。透明感を残しながら、キレイめの全体的に作りこんだ印象のメイクによく合う唇を目指します。リキッドよりも修正しやすいのがクレヨンタイプの良いところ。慌てずに引いていきましょう。

② サッとひと塗り、透明感を残した印象に

img_item_kotokiji_sub_01

リップラインを縁取れたら、今度はステックを横に倒して幅広な面で全体をするすると、埋めるようにひと塗り。透明感を残しながらも、印象的なリップに仕上がります。しっかり高発色がお好みでしたら、もう一度塗り重ねても◎

[MAYBELLINE N.Y スーパーステイインククレヨン 各色 税込1,430円]

■まだまだ続く、コスメフェスティバル2019AW

img_item_kotokiji_sub_01

メイクアップアーティスト ALISAさんにおすすめの新作メイクアイテムをご紹介していただきました。気になるアイテムは見つかりましたか?メイクのプロのテクニックをぜひ参考にして、メイクを楽しんでくださいね。そしてそして、ALISAさんのYouTubeチャンネルでは、より多くの秋冬新作アイテムをレビューしていただいています。こちらも併せてチェックを♪

★YouTubeで動画“【LOFTお気に入りコスメ】プロが選んだ新作コスメをレビューしながらメイク【秋冬トレンドコスメ】【ロフト】”を見る>>

img_item_kotokiji_sub_01

今年の秋冬メイクは、テラコッタブラウン(オレンジ~赤みのあるブラウン)のリップカラーや、ラメ感のあるアイシャドウなど、目元と口元両方に重点を置いたメイクがトレンド。全国のロフト各店舗で開催中の「コスメフェスティバル2019AW」は、10月20日(日)まで。ぜひロフト各店舗に遊びに来て下さいね♪

「コスメフェスティバル2019AW」
会期:2019年9月7日(土)~2019年10月20日(日)
開催店舗:全国のロフト・ロフトネットストア

※ご紹介した商品の一部はロフト各店舗のほか、ネットストアで取り扱いしています。
※取り扱い内容は店舗により異なる場合がございます。詳しくはご希望の店舗までお問い合わせください。

記事配信日:2019/10/06

PageTop