コトキジ KOTOKIJI

集まれ、みんなで!テーブルを囲んで

カード&ボードゲームで夏を楽しむ!

twitterfacebook

#イベント #季節を楽しもう #ひそかに欲しい

せっかくの夏休み!家族や親せき、友人、みんなで集まったら、カード&ボードゲームでワイワイ盛り上がりませんか。顔と顔を合わせて判断力や瞬発力をフル活用する奥の深いゲームから、簡単なルールで誰でも気軽にプレイできるゲームまで。今回の記事では、時間を忘れてヒートアップ!デジタルのゲームとはまた違った楽しさ満載、お子さまから大人まで楽しめるカード&ボードゲームたちをご紹介します。

■一言で演じる!当てる!大人気ゲーム

img_item_kotokiji_sub_01

感心している「はぁ」、怒っている「はぁ」、とぼけた「はぁ」。「はぁ」の一言を、手札で指定された状況に合わせてプレイヤー一人ひとりが演じる、どんな「はぁ」かを当てる、“はぁって言うゲーム”です。身振り手振りは禁止。声の調子と表情だけで、あなたはうまく演じられるでしょうか。他の人の演技を細かく観察して、正解を目指しましょう。

[はぁって言うゲーム 税込1,728円]

・推奨年齢:8才以上
・プレイ人数目安:3~8名
・プレイ時間目安:15分

■さらに面白さパワーアップ、“はぁ第二弾”新登場!

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

大人気のカードゲームにこの夏、新しい28のお題を収録した第二弾が登場!「愛している」「おーい」「ぱおーん」などの一言セリフ、「泣き顔」「ガッツポーズ」などの表情、そして「ハイテンションで」「左の人の目を見て」などイベントカード4種類が加わり、さらに盛り上がる内容に。遊ぶほどコミュニケーション力も上がりそう。

★お買上げ特典:ロフトでお買上げの方に先着で、原作者でゲーム作家の米光一成さん考案の「お題カード」1枚を初回限定でプレゼントいたします。
※カードはなくなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。

[はぁって言うゲーム2 税込1,728円]

・推奨年齢:8才以上
・プレイ人数:3~8名
・プレイ時間:15分

■名前を付けて覚えて、カードをゲット!

img_item_kotokiji_sub_01

大ヒットゲーム“ナンジャモンジャ”の各カードには、顔と手足だけの謎のかわいい生物たちがいっぱい。プレーヤーはカードをめくりながら、この生物にインスピレーションで名前を付け、その名をみんなで覚えます。カードをめくる中で、二回目にその生物が出たとき、すばやくその名前を言いましょう。はやく正解した人が場のカードをもらうことができ、最後に一番たくさんカードを獲得した人の勝ち!

さあ、どんな名前をつけようか

img_item_kotokiji_sub_01

変な名前、長い名前、覚えにくい名前、笑っちゃう名前と、みんなのネーミングセンスに笑ったり、覚えたはずの名前が出てこなかったり。カラフルな謎の生物のイラストも魅力的で、プレーしながら勝ち負けに関係なく楽しめるカードゲームです。この“ナンジャモンジャ”シリーズは今回ご紹介した「ミドリ」のほか、ミドリとは異なる謎の生物たちが描かれている「シロ」もあり、2種類のカードを一緒に使えば最大12名まで遊ぶことができます。

[ナンジャモンジャ ミドリ 日本版 税込1,400円]
[ナンジャモンジャ シロ 日本版 税込1,400円]

・推奨年齢:4才以上
・プレイ人数目安:2~6名
・プレイ時間目安:15分

■とっさの判断力と瞬発力で勝負!

img_item_kotokiji_sub_01

“おばけキャッチ”は、「白い-オバケ」「灰色の-ネズミ」「赤い-椅子」「緑の-ボトル」「青い-本」と5つのコマを、めくったカードの絵に従ってすばやくつかみとり、正解者がカードを獲得するというシンプルなドイツ生まれのゲームです。たとえばカードの絵が「緑のボトル」なら、それをすばやくキャッチ。コマと同じものが一つも描かれていなかったら、色も形も違うものをキャッチします。

あわてると間違える!お手付き続出 

img_item_kotokiji_sub_01

たとえば画像の下のカードように、青いネズミと赤いボトルが描かれていたら、「青」「ネズミ」「赤」「ボトル」以外の物、つまりおばけをキャッチするのが正解です。カードのイラストには微妙なひっかけがあり、焦って間違える人が続出。それがとても面白くて、笑い声が絶えないはず。お子さまが予想以上に活躍するという評判もありますが、さて結果はどうでしょう?もちろん、大人同士でも十分楽しめます。

[おばけキャッチ 日本語版 税込1,801円]

・推奨年齢:8才以上
・プレイ人数目安:2~8名
・プレイ時間目安:20~30分

■事件発生、犯人はこの中にいる!

img_item_kotokiji_sub_01

探偵カードを持つ人は犯人を当てる!犯人カードを持つ人は、誰かに渡すか最後まで逃げ切る!メンバーの表情や声のトーンなどを観察してかけひきを行うなど、ドキドキのミステリー気分が体験できる推理ゲーム“犯人は踊る”。プレーヤーはゲーム中、ババ抜きのようにカードを交換していきます。犯人がどんどん変わる、犯人カードを持っていても勝つ可能性があるのが、このゲームの面白いところです。

現場は大混迷!ラストに大どんでん返しもあり?

img_item_kotokiji_sub_01

第一発見者のカードを持つ人からゲーム開始。その人は「畑のスイカが盗まれた!」など、その場で考えて発生した事件の内容を叫びます。さあ、手に汗握る展開の始まり。その左隣の人から順番に手札を場に出し、カードの指示に従ってゲームを進めましょう。隣の人にカードを渡す「情報操作」、誰かひとりのカードをそっと全部見せてもらう「目撃者」、誰か1枚のカードをオープンさせて犯人を当てる「犬」、探偵に犯人だな?と指名されてもNO!といえる「アリバイ」など、さまざまなカードに現場は混迷!知恵を絞って最後に勝つのは?小学生のお子さまから大人の方まで、ハイテンションでお楽しみいただけます。

[犯人は踊る 第三版 税込1,296円]

・推奨年齢:8才以上
・プレイ人数目安:3~8名
・プレイ時間目安:10~20分

■この夏、ゲームを持ち寄りテーブルに集まれ!

img_item_kotokiji_sub_01

このほかにもロフト各店舗には、選りすぐりのカード&ボードゲームを取りそろえています。お盆はふるさとへ帰省をしたり、家族や友人と旅行を楽しむ方も多いのでは。そんなときこそ、テーブルひとつで楽しめるカード&ボードゲームを。みんなで気軽にプレーでき、コンパクトなパッケージも多いので持ち運びもラクラク!この夏の思い出に笑顔をプラスする、ちょっと盛り上げアイテムになるはず。

★ロフトネットストのボードゲーム特集はこちら>>

※ご紹介した商品はロフト各店舗のほか、ネットストアで取り扱いしています。
※取り扱い内容は店舗により異なる場合がございます。詳しくはご希望の店舗までお問い合わせください。

記事配信日:2019/08/11

PageTop