コトキジ KOTOKIJI

NYトレンドレシピでエコな大人ピクニック♪ その1

「shiki nyc」コラボアイテム

twitterfacebook

#レシピ #暮らし

ニューヨーク(以下、NY)は環境に対する意識が高い人々が多く暮らす都市です。おしゃれな企業ほど、プラスチック素材の使い捨て削減に取り組んでいるんだとか。今回の記事ではNYでケータリングカンパニー「shiki nyc(シキニューヨーク)」代表を務める伊澤実佐子さんがプロデュースした、これからの行楽シーズンにもおすすめ!NYスタイルのエコな“大人ピクニック”にぴったりのランチアイテムを、ロフトとのコラボシリーズのために考えていただいた彩り豊かなオリジナルレシピと共にご紹介いたします。

img_item_kotokiji_sub_01

2016年、NYマンハッタンに誕生したケータリングカンパニー「shiki nyc」は、環境への配慮を意識する、NYを始めとしたアメリカの多くの企業に支持されています。日本にも波及しつつある、環境への配慮を大切にする時代感に、繰り返し使えるランチボックスはぴったりのアイテム。そんな「shiki nyc」とのコラボランチグッズは、4月26日(金)にグランドオープンの「新生・銀座ロフト」を含む、全国のロフト14店舗とネットストア*1 で販売をスタート!お客様のご協力のもと“サステナブル*2”な活動にチャレンジする、銀座ロフトのコンセプトにも寄り添うアイテムです。

*1 展開店舗名は記事の最後をご確認ください。
*2 持続可能性。地球環境に配慮しつつ、持続が可能な産業や開発を「Sustainable(サステナブル)」と呼ぶ。直訳は「維持できる」「耐えうる」「持ちこたえられる」など。

■伊澤実佐子さん

img_item_kotokiji_sub_01

【PROFILE】
1976年生まれ。大学卒業後、世界文化社に勤務。ファッション編集者として『MISS』(現在休刊)『家庭画報』『Begin』などに携わる。その後、集英社『Marisol』の専属ファッションエディターを経て、マレーシア、シンガポールで暮らす。帰国後、フリーランスのファッションエディターとして『Marisol』『Domani』『eclat』『BAILA』など女性誌を中心に活動。2015年にアメリカ・NYに移住。翌年、ケータリング会社shiki nycを立ち上げる。日本を中心に、アジアのテイストを効かせたヘルシーなフュージョンメニューが口コミで評判となり、Victoria’s secret、H&M、Zara、PUMA、REVLON、UNIQLOなどファッション&ビューティ系から、Uber、SAMSUNGといったインターナショナル企業の撮影現場へのケータリングを主に行っている。

■ケータリングカンパニー「shiki nyc」

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

2016年NYマンハッタンにてスタートした「shiki nyc」。日本人オーナーのもと、アジア系、アフリカ系、ラテン系…etc 様々な人種のシェフが集まり、日本やアジア各国を主に、それぞれシェフの祖国のキックも効かせたフュージョンアメリカン料理を提供するケータリングカンパニー。毎日食べても飽きのこないバリエ豊かなメニュー展開、ヘルシーなチョイスの充実度、色とりどりで目を引くプレゼンテーションが評判となり、アメリカの企業を主に現在100社近いクライアントを持っています。

■コラボシリーズをメキシカンなレシピたちと共に

img_item_kotokiji_sub_01

ホワイトとグレーのシックな色合いのボディに「shiki nyc」のロゴを配置したシンプルなデザインのランチグッズシリーズは、“大人のピクニック”をコンセプトに作られています。落ち着いたカラーリングは、お料理の色合いや魅力をより引き立たせてくれそうですね。ピクニックだけではなく、さまざまなシーンでお使いいただけるコラボランチアイテムたち。そのラインナップをNYでトレンドのメキシコ料理のテイストを取り入れた、見た目も鮮やかなオリジナルレシピたちと共にご紹介いたします。

~フィッシュタコス~

img_item_kotokiji_sub_01

[二段重 15cm グレー 税込3,024円]

― 日本ではお肉を使ったタコスが主流ですが、アメリカでは魚も同じくらいポピュラーです。中身の野菜はキャベツ以外、好みの野菜をいろいろ入れてOKですが、紫玉ねぎのピクルスはお忘れなく。見た目が可愛らしいだけではなく、フライもさっぱりと頂けます。タコスの皮はソフトトルティーヤを使うとより本格的に。手に入らなければ、ハードシェルでも!

<材料> *作りやすい量
ソフトトルティーヤ 
紫キャベツ 1/6個 (太めの千切り)
コリアンダー 適量 (葉の部分をちぎっておく)
ライム 適量 (輪切り)
ハラペーニョ(あれば。輪切り)1本

*魚フライ
たらの切り身 180g
カレー粉 小さじ1
天ぷら粉 100グラム
冷水 160cc
塩胡椒 少々
小麦粉 少々

*ソース
マヨネーズ 50cc
スリラチャソースもしくはチリソース 大さじ1弱

*玉ねぎのピクルス
白ワインビネガー 1/2カップ
砂糖 大さじ1
塩 小さじ半分
赤玉ねぎ(薄切り) 1個

<作り方>
1)玉ねぎのピクルスを作る。赤玉ねぎ以外の材料をフライパンに入れ中火にかける。ふつふつと湧いてきたら玉ねぎを入れ、ピクルス液が玉ねぎ全体にわたるようによく混ぜる。そのあと、ピクルス液ごと保存容器に入れ、休ませる。
2)ソースを作る。材料をよく混ぜ合わせておく。スリラチャソース(チリソース)の量は好みの辛さで調節する。
4)魚フライを作る。たらは大きな1口大のそぎぎりにして、塩胡椒を振っておく。
5)たらから水分が出てきたらよく拭き取り、カレー粉をまぶし、小麦粉を薄くはいておく。
6)冷水に天ぷら粉を混ぜ、そこに5)のたらをくぐらせ、油を多めに入れたフライパンで揚げ焼きにする。
7)トルティーヤをテフロン加工のフライパンで温める(油はしかなくて良い)。
8)トルティーヤの上にキャベツ、魚フライをのせ、ピクルスを適量のせる。
ソースとライム、コリアンダー、ハラペーニョを好みの分量のせ、巻いていただく。

~ビーツとひよこ豆のピンクディップ/アボカドディップ~

img_item_kotokiji_sub_01

[ミニお重 二段 ホワイト 税込864円]
[ミニお重 二段 グレー 税込864円]

― ピンクとグリーンの色合いが綺麗なディップは、野菜スティック、チップス、クラッカー、フライドポテト、コロッケ、パン、シンプルな肉&魚料理など、何にでも合います。クリーミーですが、マヨネーズやチーズを使っていないのでヘルシー!アボカドディップは、タコスに乗せても美味しい。

(1)ビーツとひよこ豆のピンクディップ

<材料> *作りやすい量(ミニお重2段ぶんの出来上がり)
ゆでたビーツ(缶が便利) 100g(缶の汁は取っておく*ピンクゆで卵用)
ゆでたひよこ豆 50g
ねり白ごま 大さじ1
ガーリックパウダー 小さじ1/3
レモンの絞り汁 1/2個分
レモンの皮のすりおろし 適量
オリーブオイル 大さじ1
塩 2つまみ
胡椒 適量
クミンシード(あれば) 小さじ1/3

<作り方>
1)フードプロセッサーにビーツ、ひよこ豆、ねり白ごま、ガーリックパウダー、オリーブオイルを入れて攪拌する。
2)レモンの皮のすりおろし、レモン汁、クミンシード、塩胡椒で味を整える。

(2)アボカドディップ

<材料> *作りやすい量(ミニお重2段ぶんの出来上がり)
アボカド1個(皮をむき粗みじん切り)
ライムの絞り汁 1個分
コリアンダー 1/3カップ(粗みじん切り)
ピーマン 1/3個(粗みじん切り)
水 1/4カップ
塩胡椒 適量

<作り方>
1)全ての材料をミキサーで撹拌する。

img_item_kotokiji_sub_01

コトキジでは、次回以降も「shiki nyc」とのコラボランチシリーズと“メキシカン”なオリジナルレシピをご紹介いたします。次回更新は5月3日(金)を予定。メインの「メキシコ風牛のたたき」など、お重に詰めた鮮やかなおかずメニューをピックアップいたします。

他のレシピも早く見てみたい!という方は、展開店舗にて商品をご紹介するPOPに記載されたQRコードをお読み取り頂ければWebページよりご覧いただけますよ。

ご紹介した商品は、4月26日(金)にグランドオープンの「新生・銀座ロフト」を含む、全国のロフト14店舗とロフトネットストアでお取り扱いしております。

■展開開始:4月26日(金)
■展開店舗:渋谷ロフト・池袋ロフト・銀座ロフト・吉祥寺ロフト・横浜ロフト・千葉ロフト・札幌ロフト・仙台ロフト・ロフト名古屋・梅田ロフト・神戸ロフト・京都ロフト・岡山ロフト・天神ロフト・ネットストア

※こちらの情報は、2019年4月26日(金)時点のものです。
※取扱い内容は店舗により異なる場合がございます。詳しくはご希望の店舗までお問い合わせください。

記事配信日:2019/04/26

PageTop