ほんのり香りを使い分け「香り美人に」♪

OHANA・MAHAALO(オハナ・マハロ)

『香水』って、日本語では呼び名が一つしかありませんが、パルファン・オーデトワレ・オーデコロンなど呼び分けがありますよね。その違いってご存知ですか?

違いは濃度と香りの持続時間にあります。
濃度が高く、少量で長時間香りを楽しめる「パルファム
」、数時間でほんのり香りが残り、日常的に使いやすい「オーデトワレ」、薄くライトに香る「オーデコロン」など。
ちなみに、香水関連用語は、世界的にフランス語が多用されています。

そんな中から「オーデコロン」をご紹介します♪

■OHANA・MAHAALO(オハナ・マハロ)

img_item_kotokiji_sub_01

爽やかな香りから甘く切ない香りまで、10種類に彩られた『オハナマハロ』は、自分自身、家族、友人へ、、。自らを大切にして、そして支えてもらっている大切な人への感謝の気持ちを忘れないでほしいという願いが込められています。

img_item_kotokiji_sub_01

香りのイメージに合わせたボトルデザインは、インテリアとして飾っておいても可愛い♪コンパクトな手のひらサイズなので、手軽に持ち運びにも◎。
また、オハナ・マハロは香料が多めなので、アルコールを感じにくくなっているんだとか。

大切な人をイメージして贈り物にしたり、その日の気分に合わせて香りをチョイスしたり、オハナ・マハロはさまざまに活躍してくれそうです。

記事配信日:2015/10/08

アプリでサクサク記事が読めます

アプリで店舗の取扱いが確認できます

  • iOS AppStore
  • Google PlayStore