コトキジ KOTOKIJI

マイベスト消しゴムはどれ?

消し比べてみよう!

twitterfacebook

#ステーショナリー #形から入ってみよう

勉強をしているときや、書き物をしていて間違えてしまったときに欠かせない消しゴム。お気に入りの消しゴムはありますか?
今回は、消しゴムの主要ブランドの代表商品を集めて消し比べてみました!やわらかさや、消しくずの出方など、それぞれ特徴がありますよね。お気に入りが決まっている!という方も、まだ出会えていない…という方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

■青・白・黒のストライプといえば

img_item_kotokiji_sub_01

青・白・黒のストライプとロゴの入ったデザインは、日本の定番的な消しゴムとして長年愛されている「モノ消しゴム」。
当初は鉛筆購入時のサービス品としてついていたのが、よく消えるとの評判から、製品化されました。
鉛筆やシャープペンで書いた線をきれいに消すことができます。
[MONO消しゴム 税込87円]

■散らからずにまとまります

img_item_kotokiji_sub_01

消しくずが散らからずにまとまる消しゴムとして人気の「まとまるくん」シリーズ。消しゴム自体がやわらかめで紙とのフィット性が高いので、軽い力でも消しやすいのが特徴です。
[まとまるくん 税込108円]

■急いでいるときの味方

img_item_kotokiji_sub_01

消しクズが少なめで、軽い力で楽に消せるのが特徴の「Ain(アイン)」。消しカスを払ったり、何度もごしごしこするといった作業が軽減できるので、試験などの時間制限があるときの強い味方です。
[アイン消しゴム 税込108円]

■幅広いニーズに

img_item_kotokiji_sub_01

マイルドなタッチとすぐれた消去性で人気のプラスチック字消し「レーダー」。製図・事務・学童用など幅広いニーズに対応しています。青色のケースが象徴的な消しゴムです。
[レーダー消しゴム 税込108円]

まだまだほかにも消しゴムの種類はたくさん!用途や使いやすさに合わせてお気に入りの消しゴムを見つけてくださいね。

ご紹介した商品はロフト各店舗・ネットストアでお取扱いしております。
※店舗により取扱い状況は異なります。ご希望の店舗までお問い合わせください。

記事配信日:2018/05/06

PageTop