コトキジ KOTOKIJI

次のシーズンも楽しんで履けるようにしよう♪

靴を保管する時のちょっとしたコツ9選

twitterfacebook

#ファッション #靴磨き女子部 #暮らし #基本が肝心

まだまだ残暑厳しい日が続いておりますが・・・
季節はもう秋!少しずつ衣替えをしていく時期ですよね。

当然みなさんは靴も夏用・冬用とあるかと思います。
シーズンの変わり目に覚えておきたい、靴を保管するときのちょっとしたコツ、教えちゃいます。

靴をしまう前にその①「ブラッシング」

img_item_kotokiji_sub_01

靴は地面に一番近いので、当然ホコリがつきます。
そのままにしてしまうと、ホコリがカビの原因になってしまう可能性もあるので、馬毛のブラシでブラッシングをしましょう。

使用商品:R&D プロ・ホースブラシ

靴をしまう前にその②「カビ予防」

img_item_kotokiji_sub_01

最近は、靴専用のカビの除去・予防剤があるんです。
靴の中、外側、靴底にシュッツと吹いておくとカビを予防する効果がありますよ。

使用商品:M.モゥブレィ・モールドクリーナー

靴をしまう前にその③「キーパー(シュートリー)で形をキープ」

img_item_kotokiji_sub_01

靴のハンガーとも言える、キーパー(シュートリー)。木製のものは除湿効果もあるのでおすすめです。靴の型崩れを防ぐためにも入れてあげましょう。

靴をしまう前にその④「除湿剤を入れる」

img_item_kotokiji_sub_01

靴箱に湿気がこもらないよう、除湿剤を入れてあげます。③のキーパーを持っていない方は、靴に直接入れてあげましょう。

使用商品:シダードライ

さて、お次はご自宅ですぐに実践できる、ちょっとした裏ワザ!

すぐにできる裏ワザ①「靴箱に穴を空ける!」

img_item_kotokiji_sub_01

靴の中に湿気がこもると汚れがカビに・・・それを避けるために、靴箱に空気の通り道を作ってあげるんです。

キリや、ボールペンの先などで数か所穴を空けてあげます。

すぐにできる裏ワザ②「靴箱にもカビ予防!」

img_item_kotokiji_sub_01

先にご紹介したカビの除去・予防剤を、靴箱自体にもかけてあげるのと予防効果があります。

靴にかけるついでに靴箱にもシュッとひと拭き♪

すぐにできる裏ワザ③「靴棚にもカビ予防!」

img_item_kotokiji_sub_01

靴をしまう場所、みなさまそれぞれあるかと思いますが、密閉状態になる場合、念のため靴棚自体にもカビの除去・予防剤をひと拭きしてあげましょう。

すぐにできる裏ワザ④「ネットやすのこを使う!」

img_item_kotokiji_sub_01

意外とカビが生えやすいのが靴底。棚にくっついているので通気性が悪く、カビが生えやすいのです。
靴箱に入れない場合は100円ショップで売っているネットやすのこを間に入れてあげると、靴底にスキマができる上に取り出す際も便利です♪

すぐにできる裏ワザ⑤「靴箱に写真を貼る」

img_item_kotokiji_sub_01

これはカビ予防とは違う話になりますが、どの箱に何の靴が入っているのか分からなくなること、ありませんか?チェキなどのポラロイドなら撮ってすぐに貼れるので便利ですよ。

以上、靴をしまう際のちょっとしたコツ、何かひとつでもご参考になれば嬉しいです。

カビが生える原因は「汚れ」「湿度」「温度」。
この条件が揃わないようにすれば、次シーズンもお気に入りの靴を楽しめるはず。是非お試しください♪

提供:靴磨き女子部
物を長く大事にしていくスタイルが浸透している中で、以外とまだ日本の女性に知られていないのがシューケア。
シューケア用品輸入販売商社、株式会社R&Dの女性社員グループ「靴磨き女子部」は、「もっと女性にシューケアを知ってもらいたい、ライフスタイルに取り入れてもらいたい」と、大切な靴が何年も履けるような正しい靴のお手入れ法を教えています。

記事配信日:2015/09/18

PageTop