9/1は防災の日 その備えで大丈夫ですか?

ロフトの防災用品~非常食編~

いつ何が起こるか分からない『災害』。いざというときの準備をしておくことがとても大事ですが、本当に必要なものって?そもそも災害がないと使う機会がなく、せっかく買いそろえたのに、いざってときに使えない、、なんてケースも。

特に気にしたいのが非常食。保存期間が長いので、買ったままにしがちのよう。必要なときに食べられないなんてことにならないよう、年に1度は点検をしておきましょう。
最近では『ローリングストック』なんて言葉もあります。
ローリングストックとは、言葉のとおり、ストック(備蓄)をローリング(回転)すること。つまり、備蓄した食品を定期的に消費し、食べた分だけ買い足していき、備蓄量を一定に保つことです。
点検作業を、家族や友達と一緒に味見もかねた『食事会』を開けば、楽しくローリングストックができますよ。

img_item_kotokiji_sub_01

味にこだわって作られているのが、『イザメシ』シリーズ。
『食べられない備蓄食から、おいしく食べる長期保存食』をコンセプトに、ごはん、おかず、デザートなどラインナップが豊富。何よりおいしさにこだわって仕上げられているので、非常時だけでなく様々なシーンで活躍してくれます。

新作『イザメシ デリ』も登場

img_item_kotokiji_sub_01

左上から時計回りに、トマトリゾット、カレーリゾット、スープごはん、サバ味噌と、本格的なラインナップ。
「イザメシ」は、多くの工夫や厳しい品質管理によって、保存料を使用することなく、安心してお召し上がりいただける長期保存を実現しています。

ゴミを少なくする備蓄食材も

img_item_kotokiji_sub_01

こちらは伝統的な製法にこだわったパン職人の工房から誕生しました。パン生地を紙コップに入れてそのまま発酵させ、焼き上げるため雑菌が発生せず衛生的です。紙コップなので、食べ終わった後のゴミも嵩張らず、環境にも優しい非常食です。

img_item_kotokiji_sub_01

今回は非常食についてご紹介しましたが、ロフト各店では現在、9月12日(土)公開の東野圭吾原作の話題の映画『天空の蜂』とタイアップした防災グッズ企画を開催中!
詳細はこちら

img_item_kotokiji_sub_01

introduction
ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表し、映像化不可能といわれた同名小説を、話題作を多数手がける堤幸彦監督が完全映画化。主演の江口洋介と本木雅弘の初共演をはじめ、豪華キャストが集結。
史上最悪の原発テロ事件解決に向けて奔走する人々の8時間を描いたノンストップアクション。大切な人を守るために命を懸ける人々のドラマ、そして事件に隠された衝撃の真実を巡る一級サスペンスが融合した壮大なエンターテインメント超大作。

記事配信日:2015/08/29

アプリでサクサク記事が読めます

アプリで店舗の取扱いが確認できます

  • iOS AppStore
  • Google PlayStore