チェキの使い方講座!

“チェキワイド” instax WIDE 300

チェキの2倍サイズのフィルムで撮れる「“チェキワイド” instax WIDE 300(以降、チェキワイド)」。チェキワイドの大きな特長は、なんといってもプリントのサイズ感!人が集まるパーティーやイベント、景色のきれいな場所での撮影にぴったり。みんなの表情や周りの景色を余すことなく写すことできますよ。他にも多彩な機能を搭載するなど、写真を思う存分満喫できるカメラ。今回はそんなチェキワイドの基本的な使い方や、充実の機能を効果的に使う方法をご紹介します。

■①撮影準備をしよう!

電池を入れる

蓋を開けたら向きを間違わずに電池をセッティングしましょう。

img_item_kotokiji_sub_01

本体横に電池を入れるスペースがあります。

img_item_kotokiji_sub_01

チェキワイドに必要なのは、単3形アルカリ電池×4本。手に入れやすい電池なので、外出先で電池切れしても安心!

フィルムを入れよう

フィルムスペースは、本体の後ろ部分にあります。

img_item_kotokiji_sub_01

パカッと開けてフィルムをセッティングしましょう。

img_item_kotokiji_sub_01

フィルムの向きは、黄色のところを合わせて入れると、ぴったりと収まります。どの向きでフィルムを入れればいいか分からない場合は、黄色のマークを目印にしてくださいね。

■②電源を入れよう!

電池を入れ、フィルムをセッティングしたらいよいよ電源を入れます。

img_item_kotokiji_sub_01

電源は、本体の右側部分にあるシャッターボタン部分。「POWER」の方に回すと電源がつき、レンズが出てきます。

■③動作の確認をしよう

電源がついたらシャッターを押して、動作の確認をしましょう。

img_item_kotokiji_sub_01

シャッターボタンは本体右側の丸いシルバー色のボタンです。

img_item_kotokiji_sub_01

シャッターを押すと最初はフィルムのフタがでてきます。新しいフィルムを入れた場合、1枚目はこのフタが必ずでてきます。

img_item_kotokiji_sub_01

フタが出た後は、本体背面に残りのフィルム枚数が表示されます。ここでフィルムの枚数を確認することが可能です。

■④さっそく撮影開始!

準備が完了したので、チェキワイドで実際に撮影を行いましょう。

img_item_kotokiji_sub_01

基本的な撮影の方法は他のチェキと同じ!被写体を決めたらファインダーから覗き、シャッターボタンを押します。

img_item_kotokiji_sub_01

チェキワイドは、フィルムの大きさが通常の2倍サイズなので、被写体を広く撮影することができますね。

三脚を使って撮影

チェキワイドは三脚に取り付けて使用することも可能!イベントや集合写真で手ブレせずに使えるので、三脚を使っての撮影はオススメです。

img_item_kotokiji_sub_01

チェキワイドの本体に、三脚穴がついているので、通常のカメラと同じように三脚に取り付ければOK!

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

集合写真やポートレート写真にもピッタリ!表情をよりはっきり鮮やかに残すことができます。三脚を使って固定をすれば、より幅広いシーンで活躍してくれそうですね。

記事の続きはこちら
今回の記事へのリンクはこちら


提供:Cheki Press(チェキプレス)
日々のシーンに「チェキをプラスする」ことによって、いつもの日常がちょっと違って感じる。チェキがあるとちょっと楽しい毎日になる。そんなチェキとの生活を提案・発信するメディア。

img_item_kotokiji_sub_01

アプリでサクサク記事が読めます

アプリで店舗の取扱いが確認できます

  • iOS AppStore
  • Google PlayStore