3つのテーマから決める

おすすめコミュニケーション文具

メールやSNSが便利な時代。手軽に済ませられる時代だからこそ、アナログの良さを見直してみませんか。
“想いを伝える”“感謝を贈る”“想い出を残す”の3つのテーマに合うおすすめのコミュニケーション文具をご紹介します。

■想いを伝える文具

img_item_kotokiji_sub_01

メールやSNSなど手軽で便利な伝達ツールが溢れている今、手書きのよさが見直されています。
社内の人になにかを伝える時もメールではなく、付箋を使ってみてください。
伝える内容と一緒に「感謝」の気持ちを添えるのがポイントです!
取引先への資料の送付時や、同僚に借りたものを返す時には一筆箋がオススメ。
新鮮な印象を与え、相手にもイメージが残りやすくなります。

想いを伝える文具一覧

■感謝の気持ちを贈る文具

img_item_kotokiji_sub_01

小さなことや身近な人への感謝ほど、日頃から思ってはいても“伝える”ということを忘れがちです。
贈る相手を考えて選んだギフトのラッピングやお礼や感謝の気持ちをひと言添えるメッセージカードにマスキングテープやステッカーを貼るなど、ちょっとしたひと手間でより気持ちが伝わるはずです。

感謝の気持ちを贈る文具一覧

■想い出を残す文具

img_item_kotokiji_sub_01

最近はデジタルカメラやスマートフォンで写真を撮ることが多くなりました。
でも、たくさん撮っても見返したり、プリントする機会って少ないですよね。
子どもの成長記録や家族旅行、特別なお祝いでの楽しい瞬間・・・その時の大切な想い出を残すためにスクラップブッキングをはじめてみませんか?
その時のシチュエーションや感じたことを書き添えることで、その時の想い出を生き生きと蘇らせることができます。

想い出を残す文具一覧

たまにはアナログでコミュニケーションをとってみませんか。

ご紹介した商品は、全国のロフト各店舗のほか、ネットストアで取扱いしています。
ロフトネットストアはこちら。

アプリでサクサク記事が読めます

アプリで店舗の取扱いが確認できます

  • iOS AppStore
  • Google PlayStore