コトキジ KOTOKIJI

おしゃれさんは「収納上手」!?

IN・OUTクローゼットアイテム

twitterfacebook

#大人ですから #LOFTアプリ編集部 #暮らし

ファッションを楽しみたい!と思うと、アイテム数が増えてクローゼットだけじゃ収まらない。だからと言ってクローゼットの外に洋服を置いておくのは部屋が散らかっているような感じがするかも。何て悩みはありませんか。
そんな悩みを解決するアイテムを紹介します。

「INクローゼットアイテム」

■「置く」収納

img_item_kotokiji_sub_01

クローゼットの中はハンガーで引っかける収納がメイン。そうすると床にスペースがあったりしませんか。
しかしハードタイプのケースを置いたりする程の余裕まではない。という場合はファブリック素材の収納ケースがおすすめです。シーズンによって使わない時は折り畳んでおけるのもおすすめの理由です。

ライゼンタール ストレージボックス

■「吊るす」収納

img_item_kotokiji_sub_01

クローゼットのバーを有効活用するなら、吊るせるタイプの収納がおすすめです。シーズンによってしばらく使わないジャケットをまとめて収納するケースや、本来ならハンガーを数本使って収納するシャツもポケットタイプを使えばハンガー1本分のスペースで済みます。
余ったスペースとハンガーで新しい洋服を収納できますね。

衣類カバーSサイズ
シャツポケット5ポケット
ハンギングラック5段

「OUTクローゼットアイテム」

★「かける」収納

img_item_kotokiji_sub_01

クローゼットの外で洋服をかけたくても、壁にはかけるところはないですよね。ならばかけるフックを作りましょう。壁以外にもドアにかけるフックもスペースの有効活用としておすすめです。いつも出かける時に使うコートなど使用頻度が高い洋服はクローゼットの中にしまうより、外にかけておくのもいいですね。

壁面・ハンギング収納

■「見せる」収納

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

クローゼットにどうしても入りきらない洋服、使用頻度が高い靴下や小物類などは、見せる収納にしてはいかがでしょうか。カラフルな色の収納ケースを選んで個性を出したり、シックな色で統一すれば大人な部屋に。好みに合わせてインテリアの一部にしてしまいましょう。バッグはポールハンガーを使って収納するのもいいですね。

収納ケース
ポールハンガー

いかがでしたか。収納上手になれば、洋服のバリエーションが増えておしゃれにますます磨きがかかってしまうかもしれませんね。

・ロフト各店舗でお取扱い中。
※店舗によってはお取り寄せになる場合がございます。取扱いについてはご希望店舗までお問い合わせください。
ロフトネットストアでもお取扱い中。

PageTop