コトキジ KOTOKIJI

chelmicoと一緒に“小金井”でチェキさんぽ。

東小金井〜武蔵小金井を気ままにぶらり旅

twitterfacebook

#チェキプレス #カルチャー

ゲストを迎え、チェキとともに“ゆかりの街”を歩く連載シリーズ「チェキさんぽ」。第15弾目となる今回は、2人組フィメールラップユニットchelmicoが登場です。2014年の『ミスiD』に選ばれたRACHELさんが、14年の<シブカル祭。>出演時に友人のMAMIKOさんを誘って結成されたchelmicoは、15年に本格的に活動をはじめると、気鋭の若手トラックメイカーによる楽曲の上で繰り広げられる等身大でスキルフルなラップが話題を呼び、16年10月にはデビューアルバム『chelmico』も発表。同年代の若いリスナーを中心に人気を集めています。そんな2人が1stソング『ラビリンス’97』を制作したのが、当時RACHELさんが住んでいたという小金井。その風景は、彼女たちの歌詞にも登場します。今回はchelmicoの結成当初の思い出の場所である小金井を、チェキを片手におさんぽします。

■小金井は、chelmicoのはじまりの場所のひとつ。

img_item_kotokiji_sub_01

RACHEL「小金井は、今年の3月ごろまで私が住んでいた場所なんですよ。」

MAMIKO「共通の知り合いに作品撮りをするような人がいて、その仕事に(モデルとして)よく呼ばれていたのがこの2人でした。3回目の撮影の時にスタジオでRIP SLYMEの曲が流れていて、その時いたモデルさんのなかで私とRACHELだけが盛り上がったんです。そこから2人で遊ぶようになって、いつも吉祥寺か、小金井のRACHELの家で集まって遊んだり曲作りをしていました。この辺りは落ち着きますね。高架沿いの一本道を歩いていると、人が歌っていたりして……。」

RACHEL「すごく平和なんです。私たちの1stソング『ラビリンス’97』はこの場所で作った曲なので、chelmicoのはじまりの場所のひとつかもしれないですね。」

chelmicoのチェキさんぽ

■セブンイレブン武蔵小金井東店

img_item_kotokiji_sub_01

RACHEL「チェキさんぽがはじまる直前、とぼけた顔で説明を聞いているMAMIKOちゃん。ちゃんと聞け!と思って撮りました(笑)。」

img_item_kotokiji_sub_01

RACHEL「東小金井~武蔵小金井にはセブンイレブンがいくつかあって、ここのセブンイレブンが好きだったんです。」

MAMIKO「顔ハメパネルがある!はめようよ、顔!」

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

RACHEL「この顔ハメパネルは昔はなかったよね。ここのセブンイレブンは、漫画家さんに直接交渉してTwitterアイコンを書いてもらったりもしているみたいですよ(笑)。」

MAMIKO「この店舗だけの意思を持っている……。当時はRACHELの家に集まることが多かったので、昼間に2人でここに来て、ダラダラしながら戻ったりしていましたね。(『ラビリンス’97』の歌詞《降りた先はコンビニ/お気に入りのアイスクリーム》を連想させる)アイスを買ったりもして。」

img_item_kotokiji_sub_01

■JR中央本線高架沿い 武蔵小金井~東小金井

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

RACHEL「この辺りは大好き!よく歩きながら眺めていたんですよ。私は歩いているときに周りの風景をよく見ることが多いんですけど、当時は活動もはじめていて、実際にこの辺りに住んでいたので、気になったものを写真で撮ってもアップすることができなかったんです。今日はそれを思い切りやることができて楽しいですね。」

img_item_kotokiji_sub_01

MAMIKO「RACHELの生家!」

RACHEL「私たちの1stソング『ラビリンス’97』はここで作った曲なんです。トラックの雰囲気がアーバンなのに、それに合う言葉がなかなか出てこなくて、ここでツイキャスをやって募集しました(笑)。『JUNEJULY』もここで作りましたね。そういえば、この近くにchelmicoのリスナーの人が住んでいたこともあるんです。吉祥寺でたまたま見かけて、“あれ、近くに住んでますよね?”と聞いたら、“chelmico聴いてますよ”という話になったんです(笑)。」

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

RACHEL「ここの自販機にはあまり置いていない『午後の紅茶 芳醇ロイヤルミルクティー』が置かれていて、よく買いに来ていたのを覚えていますね。あまりさんぽをするタイプではなかったので、この自販機まで行く間に息抜きをしてスッキリしていました。」

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

■正反対の人間だからこそ、お互いの写真を撮るのが好き。

img_item_kotokiji_sub_01

MAMIKO「もともと写真を撮るのは好きで、私はフィルムのカメラで写真を撮ったりもしているんです。RACHELも写真自体は好きだよね?」

RACHEL「私はスマートフォンが多いですけど、まみちゃん(MAMIKO)の写真を撮ることが多いですね。」

MAMIKO「私もRACHELの写真を撮ることが多いです(笑)。フィルムのカメラをはじめたきっかけは、写真好きの兄がいて、家に古いカメラがいっぱいあったからなんです。それを借りたらハマってしまって。それに、実は高校1年のとき、写真部の副部長をやったこともありました。私はもともと帰宅部だったんですけど、一時期“人が集まらないと廃部になるから部員になってほしい”と言われて、副部長になったんです。」

RACHEL「マンガみたいな話だね。『私が写真部の副部長に?どうなっちゃうの?!写真部は男子ばっかりで……』というのが第一話。」

MAMIKO「面白くなさそうなマンガだな(笑)。私は仲のいい子の写真を撮ることが多いです。」

MAMIKO「私もRACHELの写真を撮ることが多いです(笑)。フィルムのカメラをはじめたきっかけは、写真好きの兄がいて、家に古いカメラがいっぱいあったからなんです。それを借りたらハマってしまって。それに、実は高校1年のとき、写真部の副部長をやったこともありました。私はもともと帰宅部だったんですけど、一時期“人が集まらないと廃部になるから部員になってほしい”と言われて、副部長になったんです。」

RACHEL「マンガみたいな話だね。『私が写真部の副部長に?どうなっちゃうの?!写真部は男子ばっかりで……』というのが第一話。」

MAMIKO「面白くなさそうなマンガだな(笑)。私は仲のいい子の写真を撮ることが多いです。」

RACHEL「私もまみちゃんに自分の写真を誕生日プレゼントに撮ってもらいましたよ。あれは嬉しかったなぁ。たまにカメラマンさんに撮ってもらった写真を見せると、“RACHELの内面を撮ってない”と言われることもあります(笑)。私たちはお互い正反対の性格で、お互いにないものを持っているから仲よくなれたのかもしれないですね。」

■栗山公園

img_item_kotokiji_sub_01

RACHEL「この公園は初めて来ました。住んでいる時は、存在も知らなかったです(驚)。」

MAMIKO「でも思い出した!私は一度、友達とこの公園で缶蹴りをしたことがありました。そのときRACHELにも、近所の公園で缶蹴りしてるよ~とメールしたんです。」

MAMIKO「どの写真もそうですけど、私はRACHELの自然な表情を出そうと思って写真を撮りました。RACHELはモデルの仕事もしているので、キメることもできると思うんですけど、こういう自然な写真は私にしか撮れないと思うので。一番近くにいることが多いからこそかもしれないですね。」

RACHEL「私は、MAMIKOちゃんが写真を撮られると分かっているときにやるオチョケが好きなんです。だから、シャッターを切る前にわざと少し待ったりしました(笑)。MAMIKOちゃんは絶対何かやってくれる人なんですよ。」

・記事の続きはこちら
・過去のチェキさんぽ一覧はこちら

提供:Cheki Press(チェキプレス)
日々のシーンに「チェキをプラスする」ことによって、いつもの日常がちょっと違って感じる。チェキがあるとちょっと楽しい毎日になる。そんなチェキとの生活を提案・発信するメディア。

PageTop