コトキジ KOTOKIJI

ブーツの季節到来!足元美人はおしゃれ上手

ブーツのおしゃれを思い切り楽しむ前のひと工夫

twitterfacebook

#靴磨き女子部 #基本が肝心 #暮らし

今年はブーツも豊作♪ミドル丈、ニーハイ、ファー付き、レースアップなど懐かしいブーツが再び帰ってきた!という感覚を持つ方もいるのではないでしょうか?新しいブーツもどんどん履いてほしいのですが、やはり王道・自分の定番ブーツもありますよね?1年ぶりに出して履き始める時、お疲れ気味、乾燥しっぱなしの状態ではせっかくのオシャレも台無しです。今回はブーツの履き始めケアをご紹介します。

■お手入れに必要なものって??

img_item_kotokiji_sub_01

一言で「ブーツのお手入れ」と言っても何を用意すればいいのか迷う方も多いはず。基本は靴のお手入れ用品を使います。

【用意するもの】
①ナチュラルフレッシュナー
②プロホースブラシ
③リムーバークロス
④ステインクレンジングウォーター
⑤シルキーレザークリーム
⑥プロホワイトブラシ
⑦グローブクロス

■除菌消臭スプレーでリフレッシュ

img_item_kotokiji_sub_01

脱いでしばらく放置した靴の中は少しカビ臭くなったり、ニオイが気になったりするものです。アロマの香りで除菌消臭リフレッシュしましょう♪
「M.モゥブレィ・プレステージ ナチュラルフレッシュナー」は全4種。
◆リラックス効果のあるラベンダー
◆心を落ち着かせる効果と殺菌作用のあるレモングラス
◆柑橘系のさっぱりとした香りはダイエット効果もあるとか…ピンクグレープフルーツ
◆香りが苦手な方におすすめの消臭力抜群な森林の香り(微香性)

■お手入れは4STEP

img_item_kotokiji_sub_01

STEP1:ホコリを落とそう
①のプロホースブラシはホコリ落としに最適!毛先が細いためしなやかで、コバの間に入ったホコリも楽々とれます。

STEP2:古い“お化粧”を落とそう
この工程は女性でいうとメイク落としのようなものです。お化粧を落とさずにまたその上からお化粧をするでしょうか?答えは「NO!」ですので一番と言っていいほど重要なポイントです!まず、②のリムーバークロスに③のステインクレンジングウォーターをとり、表面の汚れ、古い靴クリームを取り除きます。綺麗な面に持ち替えて3、4回繰り返しましょう。

STEP3:革に栄養を与えよう
④シルキーレザークリームを全体に塗ります。コツは薄く伸ばすことです!厚塗りするとこの後の工程が大変になりますのでご注意ください。

STEP4:ツヤを出そう
クリームを均一に伸ばすため⑥のプロホワイトブラシでブラッシングします。その後、⑦のグローブクロスでからぶきします。表面にロウ分などクリームのべたつきが残っているとホコリが付着しやすくツヤが出にくいのでこの工程も重要です!!

■ブーツ美人になるためのワンポイント

img_item_kotokiji_sub_01

靴内部は湿度が高く、雑菌の繁殖に最適な環境です。この雑菌がニオイの素になるため、シダードライやヒノキドライなど除湿剤を使用してしっかり除湿しましょう。また、ロングブーツの場合にはブーツキーパーを使用し筒を立たせましょう。立たせることによって通気性が良くなり、筒のシワも防げます。「ジェットブーツキーパー」は、キーパーの筒が伸び縮みするので張りを与え、型くずれを防止してくれます。

玄関に置いたときくったりしたロングブーツは美しいとは言えません。ひと手間を惜しまないことが靴美人への第一歩ですよ。

■シューケアワークショップ開催決定!!

img_item_kotokiji_sub_01

渋谷ロフト&home4F スペースデザインフロアにて、シューケアワークショップを開催致します!!!
お気に入りの靴やブーツを大事に長く履く為のポイントをお伝えします!!

◇日時:10月22日(土)・23日(日)
 ①13時~
 ②15時~
 ③17時~
◇所要時間:約60分
◇参加費:無料
◇定員:各回4名ほど
 ※予約優先ですが、席に空きがあれば当日参加も可能です!!
◇持ち物:磨きたい靴(1足)のみ!!
 夏活躍したスタンスミスもお手入れ可能です!!

参加希望の方は、渋谷ロフト&home4階 スペースデザインフロアの店頭又は、お電話にて予約を承ります。
電話番号:03-3462-3840
担当:今井・川守田・本間

ご参加お待ちしております!

img_item_kotokiji_sub_01

提供:靴磨き女子部
物を長く大事にしていくスタイルが浸透している中で、以外とまだ日本の女性に知られていないのがシューケア。
シューケア用品輸入販売商社、株式会社R&Dの女性社員グループ「靴磨き女子部」は、「もっと女性にシューケアを知ってもらいたい、ライフスタイルに取り入れてもらいたい」と、大切な靴が何年も履けるような正しい靴のお手入れ法を教えています。

PageTop