コトキジ KOTOKIJI

フランクリン・プランナーの今日から始める時間管理術

Vol.10 自分との約束をしていますか?守っていますか?

twitterfacebook

#フランクリン・プランナー #やだ、かっこいい #大人ですから #基本が肝心

小学校では夏休みに、「早寝早起きをする」とか「ラジオ体操に参加する」といった生活習慣の課題があります。皆さんも、できた日はシールを貼ったり、色を塗ったり、スタンプを押したりして、記録を付けていたのでは。
あなたは、そういう課題に苦労するタイプでしたか?それとも、楽にこなすタイプでしたか?
このような課題には、子供たちにできるだけ健康的な生活を送らせるという狙いがあります。それと同時に、自己管理する能力を養うという目的もあるのではないでしょうか。
今、思い返せば眠くてさぼりたいという自分の弱い気持ちと戦いながらも決めた事を行うことに大きな意味があったように思います。

今回は自分との約束を守ることについて考えてみたいと思います。

■誰かとの約束を守るって大事なこと

img_item_kotokiji_sub_01

ではまず自分との約束の前に、誰かとの約束を守ることについて考えてみましょう。

時に約束を守るか守らないかは、信頼関係に直結します。
たとえば、友達との約束を守らなければ、友情にヒビがはいったり、友人が減ったりする原因になります。
取引先との約束を守らなければ、信頼を失い取引が困難になることも。
家族との約束を軽んじたり無視したりすれば、家族内でのもめごとの原因になってしまったり…。

img_item_kotokiji_sub_01

そうならないように、フランクリン・プランナーのようなスケジュール管理ツールやスマートフォンなどを使って、誰かとの約束は必ず守ろうとしていると思います。そして、豊かな人生やビジネスでの成功には、「人との約束を守る」という要素は欠かすことができません。

■自分との約束を守るのは難しい!

img_item_kotokiji_sub_01

では、自分との約束はどうでしょうか?皆さんは、ほかの人との約束と同じくらい一生懸命に守ろうとしていますか?
自分との約束とは、自分で決めたことを実行することです。
たとえば、「○○の資格をとるために、週に3時間は勉強する」「今日は部屋の片づけをする」「今日から3ヵ月で3kgダイエットする」などといったことです。

人との約束を守ることができても、自分との約束には甘い人は大勢います。誰も締め切りを教えてくれませんし、約束を守らなかったからといって誰かに迷惑をかけたり誰かに厳しく叱られたりすることもありません。「守れなかったけど、まぁいいか」と自分が納得してしまえば済んでしまうのです。そこに、自分との約束を守ることの難しさがあります。

■自分との約束を守れば自信がつく

img_item_kotokiji_sub_01

なぜ、自分との約束を守ることが大切なのでしょうか。

自分との約束を守るとは、自分で決めた事をやり遂げるということです。
その力があれば、これから先の人生で、自分が望んだ結果(仕事での成功、良い人間関係など)を得ることができます。また、「自分自身をがっかりさせないようにやり遂げよう」「さぼりたいけど、あと少し頑張ろう」と考えているうちに人格が鍛えられます。そして何より、約束していたことが実現できれば、自分に自信がつき、自分の力を信じられるようになります。そうすればもっと高い目標にチャレンジする勇気を持つこともできるし、自分のことが好きになれるのではないでしょうか。

自分には無理かも…と感じている人も、心配はいりません。誰かとの約束を守ろうと努力したのと同じように、自分との約束も守ろうとしていけば、きっとあなたの毎日は変わることでしょう。

次回は、自分との約束を守るためのスケジュール管理についてお話します。

提供: フランクリン・プランナー・ジャパン株式会社

PageTop