東京家政大学の学生さんが考案!

栄養バランスを考えたヘルシーなお弁当レシピ

食と栄養のプロを目指す東京家政大学 栄養学科の学生さんが、カロリー、塩分、栄養バランスを計算しながら開発した、健康と元気がギュッとつまったお弁当レシピ。
彩も鮮やかで、美味しそう!

『賑やか!ピンチョスdeランチ』

img_item_kotokiji_sub_01

●彩りピンチョス

img_item_kotokiji_sub_01

   

【材料】

・うずら卵(ゆでたもの)2個
・ゆでたこ 20g
・ブロッコリー(ゆで・冷凍)一口大の小房 2個
・レタス 1/2枚

[A]合わせておく
・マヨネーズ 大さじ1/2
・ケチャップ 大さじ1/2
・粉チーズ 小さじ1/2
・塩・こしょう 少々

・ミニトマト 2個

①うずら卵は流水で洗い水気を拭き取る。ゆでたこは半分に切る(一口大が2つ作れる)。ブロッコリーは常温に戻しておく。

②ピックで①を挿し、ちぎったレタスを敷いた上に並べ、ミニトマトを飾る。

③[A]の材料を合わせ、ソースを作る(食べるときにディップする)。

●ショートパスタとお豆さんのトマト煮込み風

img_item_kotokiji_sub_01

   

【材料】

・ショートパスタ 50g
・トマト缶 200㏄
・大豆水煮 50g
・顆粒コンソメ 小さじ1
・ベーコン 1/2枚
・塩・こしょう 少々
・パセリ(お好みで) 少々
・オリーブ油 少々

①ショートパスタは袋に記載の表示時間で茹で、ざるに上げる。

②トマト缶と大豆水煮、7mm幅に切ったベーコン、顆粒コンソメを小鍋に入れ、焦がさないように水気がなくなるまで煮詰める。

③ ①を②と和えて、塩・こしょうで調味し、オリーブ油を絡める。

④お好みでパセリのみじん切りをふる。


手軽に作れてヘルシーなこちらのレシピ、実は、東京家政大学とロフトの産学連携により誕生したレシピ付きランチボックス『カロリーBENTO』のもの。

img_item_kotokiji_sub_01

『カロリーBENTO』は、栄養バランスのとれたお弁当を作りたい! そんな人のためのカロリーコントロールを考えたランチボックスセットです。

ロフトの提案する 4つのサイズのランチボックスに合わせ、東京家政大学の精鋭20名の学生さんが、栄養バランスとカロリー計算に基づいた専用レシピを開発。

img_item_kotokiji_sub_01

カロリーごとに、ランチボックスと10種のレシピの載ったレシピブックをセットしました。

img_item_kotokiji_sub_01

”カロリーを抑えて、健康的にダイエットをしたい”、”午後も頑張れるように お昼はしっかり食べたい”など、目的に合わせてちょうど良いサイズをお選びいただけます。

シンプルなのに、ツートンカラーでおしゃれ。

img_item_kotokiji_sub_01

デザインのこだわりは、本体だけでなく、ランチベルトにも!
とめた時の見た目が可愛くなるよう、一般的な2㎝幅ではなく、3㎝幅のベルトを採用。本体のカラーに合わせ、ボーダー柄の配色も変えられています。

シリーズで揃えられる、巾着と箸&箸ケースもあり。

img_item_kotokiji_sub_01

パキッとしたカラーが可愛い、新生活のおともにおススメのランチシリーズです。

記事配信日:2015/02/05

アプリでサクサク記事が読めます

アプリで店舗の取扱いが確認できます

  • iOS AppStore
  • Google PlayStore