コトキジ KOTOKIJI

また来年も気持ちよく履くために!

ロングブーツをしまう前にすべきこと3STEP

twitterfacebook

#暮らし #靴磨き女子部 #ファッション

冬のブーツをしまうにはまだまだ寒くて手放せませんが、正しい革のブーツを保管前にすべきことをお伝えします。
1シーズン履いた靴は、汚れ・汗が定着してる・・これを放っておくと、カビ発生やにおいの元に!

保管前にやること①革の汚れを落とす

img_item_kotokiji_sub_01

さっとブラシでホコリを落としたら・・
使うのは「M.モゥブレィ ステインリムーバー」
水性の靴用汚れ落としが、おすすめ!水性だと革の奥まで浸透するので、汚れを浮かしやすいのです。クロス(布)に取って、革のブーツを拭いてください。

保管前にやること②保革(=革への保湿)をする

img_item_kotokiji_sub_01

革もお肌と一緒で、乾燥すると色合いがくすんできます。また汚れをつきづらくする上でも、革用クリームの適度な油分が必要になります。革の化粧水のような「M.モゥブレィ デリケートクリーム」を使って、クロス(布)に取って塗ります。ジェル状のやわらかいクリームなので、すぅ~っと浸透します。

保管前にやること③革ブーツのインナーケア

img_item_kotokiji_sub_01

中はにおいがこもりやすく、汗による湿気も含みやすい場所。インナーケアをきちんとしておくと、翌年の使い始めも清潔に気持ちよく使用できます。
まずは、水を固く絞ったタオルを用意し、しっかり拭きましょう。
乾いたら、「M.モゥブレィ シューナチュラルフレッシュナー」でしっかり除菌・消臭!

この3STEPが終われば、ほぼ完ぺき♪ですが・・

でも・・・
カビがこわい・・やっぱりこわいという方には、一番最後にカビ対策をおすすめします。
「M.モゥブレィ モールドクリーナー」を靴中や革全体にシュッシュッと吹きかけます。箱に保管する方は、箱の中にも吹きかけてOK。下駄箱などにも時々吹きかけると、効果的です。

img_item_kotokiji_sub_01

来年もまた気持ちよく履くために・・ぜひできることから初めてみてくださいね♪

提供:靴磨き女子部
物を長く大事にしていくスタイルが浸透している中で、以外とまだ日本の女性に知られていないのがシューケア。
シューケア用品輸入販売商社、株式会社R&Dの女性社員グループ「靴磨き女子部」は、「もっと女性にシューケアを知ってもらいたい、ライフスタイルに取り入れてもらいたい」と、大切な靴が何年も履けるような正しい靴のお手入れ法を教えています。

記事配信日:2016/02/26

PageTop