コトキジ KOTOKIJI

M.MOWBRAY プロテクターアルファ

雨支度、防水をして出かけよう!

twitterfacebook

#靴磨き女子部 #ファッション

予報を見ずに家を出てしまった日に限って、急な雨で濡れてしまったお気に入りの革靴やスニーカー。「シミにならずに、乾いてくれますように…」と祈り翌朝を迎えて、ガッカリしてしまった経験はありませんか?

少しでも、靴やバッグが濡れてしまう心配とリスクは避けたいですよね。防水スプレーをかけるだけでOKな「雨支度」は、日常的に整えておくことで突然の雨にも対応できます。今回ご紹介する防水スプレーの効果的な使い方をぜひ知っていただき、お役に立ててください。

■おすすめの防水スプレー M.MOWBRAY プロテクターアルファ

img_item_kotokiji_sub_01

①撥水力の高さ
②乾き浸透性の速さ
③スプレー後30分後から効果を発揮

その効果から、なんと!モノの批評誌『MONOQLO』でベストバイを2年連続受賞、殿堂入りした商品です!

□防水スプレ―が使えるアイテムの対象は?
・靴
・バッグ
・傘
・レインウェア   
など

□どんな素材が対応しているの?
・革(スムースレザー・スエードヌバックなど)
・ナイロン
・布地    
など

□防水スプレーが使用できない素材は?
・エナメル
・爬虫類革   
など
これらの素材は、防水スプレーをかけてしまうと、素材の加工と反応し、素材がくもってしまったり、ツヤが消えてしまう場合がございますので、使用はできません。

■スプレーのかけ方については?

※色落ち、シミ、色ムラ、変色する素材もあります。必ず目立たない部分・少ない面積で散布後の状態変化を確認してからご使用ください。

・防水スプレーは屋外の換気の良い場所で使用してください。
・対象物から50cm程離し、全体にすばやく均一に3回スプレーしてください。
・30分以上乾燥させ、完全に乾いてからご使用ください。
防水スプレーをかけた直後は、まだ防水成分が素材へ定着しておりません。そのため、定着させるために最低30分は乾燥させてから、おでかけください。

例えば、天気予報で明日は雨が降りそうという情報を得たら…夜のうちに仕込んでおいたり、当日であれば、出かける支度をする前に防水スプレーをかけておいたり。ちょっとした工夫を取り入れていただければ、スムーズにお出かけのサポートができるはずです。

■スプレーした後のはっ水効果は?

最後に、防水スプレー「M.MOWBRAY プロテクターアルファ」をスプレーし、乾燥させた後の素材の様子です。早速、水をかけてみました!

革の場合

img_item_kotokiji_sub_01


布地の場合

img_item_kotokiji_sub_01


ナイロン素材の場合

img_item_kotokiji_sub_01

いかがでしょうか。水の形がくっきりと、素材の上で留まっていますよね。雨の季節も少しでも快適に過ごすために、まずはシューズやバッグから防水対策を取り入れてみてくださいね。

[M.MOWBRAY プロテクターアルファ 各種 税込1,100~2,200円]
※靴の使用頻度や状態により、防水スプレーは効果の実感が変わります。
※使用前に本製品を使用できる素材かどうかを、必ずご確認ください。
※色落ち、シミ、色ムラ、変色する素材もあります。必ず目立たない部分・少ない面積で散布後の状態変化を確認してからご使用ください。
※スプレーの使用時はマスクを着用の上、必ず換気の良い場所で行うことをおすすめいたします。

提供:靴磨き女子部
物を長く大事にしていくスタイルが浸透している中で、意外とまだ日本の女性に知られていないのがシューケア。
シューケア用品輸入販売商社、株式会社R&Dの女性社員グループ「靴磨き女子部」は、「もっと女性にシューケアを知ってもらいたい、ライフスタイルに取り入れてもらいたい」と、大切な靴が何年も履けるような正しい靴のお手入れ法を教えています。

記事配信日:2020/06/24

PageTop