コトキジ KOTOKIJI

【連載】「ロフトでギフト」その1

母の日・父の日に「贈る楽しみ」を!

twitterfacebook

#ロフトでギフト #ロフトのヒミツ

旬な商品提案はもちろん、ロフト各店舗に現れるPOPやタペストリーなどのメインビジュアルや、レジでご提供するオリジナルギフトラッピング。そのすべてで皆さまの“ギフト選びの時間をもっと楽しくできたら”、とロフトは考えています。この連載「ロフトでギフト」は“贈る楽しみ”を膨らませるため、ギフトにまつわるプロモーションに込めた私たちの想いをお届けします。

今年の店頭のメインビジュアルづくりや、ギフトラッピングツールは、チョークアートを中心に活動するクリエイター CHALKBOY(チョークボーイ)さん率いる“手描き結社”の「WHW!(ダブリューエイチダブリュー!)」の面々と連続コラボレーションをします。

前回記事「その0」では、彼らの続けてきた創作への思いと、素敵な活動コンセプトを語っていただきました。ぜひ併せてチェックを!

★連載「ロフトでギフト」バックナンバーはこちらから>>

******

WHW!とのコラボ、そのはじめの一歩となるのが5月10日(日)の母の日、そして6月21日(日)の父の日に向けた「ギフトステッカータグ」です。今回の記事では、タグに込められた思いやアイデアをクローズアップ。

■ギフトに「+α」する、楽しいアイデア

img_item_kotokiji_sub_01

▲こちらは母の日ギフト専用のギフトステッカータグ

今年、母の日と父の日のオリジナルギフトラッピングにお届けするのは、「ギフトステッカータグ」。紙袋にタグとして付けて贈ったり、シールにもなっている絵柄からお気に入りのものを選んでラッピングバッグに貼ったりと、アイデア次第で使い道が広がるギフトツールです。日頃、言葉にできない感謝の気持ちをグラフィカルに伝えるだけでなく、ギフトを贈る人の気持ちをさらに楽しいものにしてくれます。その後は、おしゃれなステッカーとしてギフト以外のシーンでも楽しめますよ◎

img_item_kotokiji_sub_01

▲画像上:母の日、下:父の日のメインビジュアル

ステッカータグと同じ図柄のビジュアルが店頭のPOPやタペストリーになって皆さまをお出迎え。

■込めた思いは、「アップサイクル」

img_item_kotokiji_sub_01

▲WHW!の皆さん 写真左から、舘野杏奈さん/河合千鳥さん/冨士枝美咲さん/CHALKBOYさん

ロフトと手描き結社WHW!の皆さんと最初に持ったミーティングは、まだ2019年のこと。両者に共通する思い、それは「環境に配慮し、暮らし方を見直そうとする現代のライフスタイルや気持ちに応えられるもの」を目指すことはできないか、という気持ちです。

img_item_kotokiji_sub_01

その結果、辿り着いたのは「ギフトは包装紙で包みリボンをかける」ことが固定概念になっているけれど、アイテムそのものにかわいいギフトシールを貼るだけでも気持ちは伝わるかもしれない。使用する資源も少なくなるのでは、という発想。それならば、本当にシールになっていればどう?それ全体をタグにできないだろうか?気持ちを込められるビジュアルって、どんな感じだろう…など。打ち合わせは熱を帯びていきました。

img_item_kotokiji_sub_01

こうして始まったアイデア出しとデザインサンプル作り。何かを使い捨てにしないで、手描きの要素を加えるだけで価値を与えて、モノの命を延ばしていく。そんな「アップサイクル」を進めてきた手描き結社WHW!の皆さんとのコラボだからこそ生まれた、新しいアイデアです。

img_item_kotokiji_sub_01


■CHALKBOYさんからのメッセージ

「包装紙をやめてステッカーだけにする、それでも気持ちを込められますよね、という着眼点から生まれています。でも、ギフトって、手渡す前はちょっと隠しておきたい気持ちがあるのも確かです。そんなときは、自分が持っているお気に入りの包装紙の再利用をお薦めします。そして、最後をこのステッカーで仕上げる。いつもよりギフトを用意する手間がかかるけど、それが楽しい。その分、気持ちを込められると思います。」

img_item_kotokiji_sub_01

「いままでを振り返って見ると、“お店が用意した豪華なギフトセットを選んで満足していた自分”というのもいましたが、これは楽しむ機会を奪われていたということでもあります。受け身だし、ゴミも出るし、見直すところも多いことに気づきます。」

img_item_kotokiji_sub_01

「今回ご提供するギフトステッカータグは、シールがたくさんあるので全部使わなくてもいいと思います。次の贈り物の機会に使ったり、手帳やノートをカスタマイズするバレットジャーナルをやっているなら、活用して楽しめるステッカーもあります。そう考えると、単なる“手描きグラフィックのステッカー”じゃない、モノやコトやスタイルにまでタッチできる、価値ある1枚として提案します!」

■手描き結社WHW!の皆さんからのアレンジ提案!

img_item_kotokiji_sub_01

メッセージカードやラッピングにステッカーを使ってオリジナルのプレゼントに!

■ギフトを選んだら、オリジナルラッピングも!

img_item_kotokiji_sub_01

4月20日(月)~6月21日(日)まで、全国のロフト各店舗(※)では、WHW!の描き下ろしイラストがプリントされた母の日限定の「ギフトステッカータグ」をご用意しております。贈りものがさらにはなやぐおしゃれなワンポイント。レジでご購入の際、ご希望のお客様は販売員までお申しつけください。

(※)臨時休業、または営業時間を短縮している店舗もございます。各店舗の営業状況につきましてはロフト店舗情報をご確認ください。なお、現時点で店舗情報に記載されていない店舗におきましても、今後変更となる可能性があるほか、情勢に応じて適宜変動する場合がございます。
※今回の記事で併せて紹介いたしました、父の日仕様のオリジナルラッピングのご用意は追って5月11日(月)~6月21日(日)までの予定となっております。
※オリジナルラッピングは数量限定となりますので、なくなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。
※ロフトネットストアは母の日・父の日仕様のラッピングは対象外となります。(通常のラッピングはご利用いただけます)

******

今後も、連載「ロフトでギフト」では、ギフトの時間を楽しんでいただける取組みをお届けします。次回もお楽しみに!

記事配信日:2020/04/20

PageTop