コトキジ KOTOKIJI

【連載】これがわたしの“推し雑貨”! 最終回

おしゃれなこだわり派!Mさんが選ぶ革財布

twitterfacebook

#これがわたしの“推し雑貨”! #ロフトのヒミツ #暮らし #ファッション

これまで全国の店舗で活躍するロフトの販売員に愛用の雑貨について語っていただいた連載「これがわたしの“推し雑貨”!」。このシリーズは今回で最終回を迎えます。記念すべき第一回目「その1」のインタビューに登場してくださったのは、池袋ロフトのTさん。そして最終回である「その8」、今回も池袋ロフトにお邪魔しました。

今回お話を伺ったのはロフトの販売員になってから20年以上というベテランスタッフのMさんです。これまで全国のさまざまな店舗で、たくさんのお客さまと出会い、多くの経験を重ねてきたといいます。

そんなMさんは、プライベートでは革靴や、ジーパン、アロハシャツのコレクターでもあるのだとか。革製品などおしゃれアイテムのメンテナンスにも詳しいMさんですが“自分の好きなものを、長く使いたい”という気持ちを持ち始めたのは、学生時代に遡ります。こだわり派であるMさんが選んだ“推し雑貨”や、ご自身愛用のお財布、また、コレクションやメンテナンスについてもたっぷりとお話を伺いました。

■Mさんの“推し雑貨”

img_item_kotokiji_sub_01

現在働く池袋ロフトは、Mさんにとって10店舗目のお店。学生時代に初めてロフトで買い物をしたときに、ほかでは売っていない雑貨の数々に感激したといいます。当時から革靴、ジーパン、アロハシャツのコレクターでもあったMさんは、大のメンテナンス好き。ロフト入社後さらにその方法を学び、店頭で革製品やそのメンテナンス用品選びに迷われているお客さまにお伝えすることもあるそうです。

さて、「大好きなものを、メンテナンスしながら長く使い続けたい」というMさんの“推し雑貨”とは…?

■おしゃれなこだわり派Mさん

img_item_kotokiji_sub_01

大好きなものを集めることはもちろん、メンテンスも欠かさないMさん
池袋ロフト 販売促進担当スタッフ
ロフト歴23年

− Mさんはロフト歴23年とベテランでいらっしゃいますが、ロフトで働き始めたきっかけを教えていただけますか?

初めてロフトで買い物をしたのが高校生の頃でした。ロフトを訪れて「こんなにかっこいいものがあるんだ!」「こんなにかわいいものがあるんだ!」…と感激したのを今でも覚えています。当時はやっていたシステム手帳を選んだり、ロフトでしか売っていない輸入物の筆記用具を買ったりしていました。学生でも買える値段のカラフルでかわいい筆記用具がたくさんあって、大好きな場所でしたね。「こんな楽しい場所で働けたらいいな」という思いが入社のきっかけです。入社してから23年が経ち、池袋ロフトは10店舗目ですし、文具や生活雑貨、健康雑貨売場など幅広く担当を経験しました。

img_item_kotokiji_sub_01


− 学生時代から雑貨が好きだったのですね。

雑貨という意味ではもっと前…子どもの頃から好きでした。文具も好きでしたし、当時はやっていたカプセルトイの消しゴムたちはかなりたくさん集めましたね。雑貨ではないですが、野球が好きだったのでプロ野球選手をモチーフにしたカードもコレクションしていました。あとは牛乳の蓋や、ビール瓶の蓋なんかも。雑貨好きはもちろんですが、“集める”ことも子どもの頃から好きだったのだと思います。コレクション好きは今も変わらずで、革靴、ジーパン、そしてアロハシャツを集めています。

img_item_kotokiji_sub_01


− コレクションの写真を拝見しました!一部屋埋まってしまうくらいのすごいコレクションですね。それぞれいつ頃から集め始めたのですか?

革靴、ジーパン、アロハシャツ、どれも中学生か高校生くらいのときからです。アロハシャツは親戚のお兄ちゃんからハワイのお土産でもらったのが始まりです。「なにこれ!かっこいい!」と衝撃を受けて、それからずっと集めています。1年中毎日アロハシャツで過ごしても、違う柄が着られるくらいの枚数を持っていますね。靴は60足、ジーパンは100本くらいあります。先週もジーパンを1本買いました。

− 写真を見せていただいて驚いたのですが、どれもとても綺麗に保管されていますね。

中には中学生、高校生の頃に買ったものもたくさんあります。どれも大切にメンテナンスしながら使っています。自分が子どもの頃に父親から野球のグローブを譲り受けたことがあり、大切に綺麗に使って子どもに引き継ぐということに憧れていました。なので、当時からショップ店員の方にメンテナンスの方法を聞いて実践してきたんです。今履いている革靴も10年は履いていますよ。

img_item_kotokiji_sub_01


− 10年ですか⁉つやつやで、とても10年履いている靴とは思えません。そんなMさんの“推し雑貨”はやはり革物雑貨でしょうか?

はい。私の“推し雑貨”は、「ブレイリオ ミネルバボックス ジップロングウォレット」です。収納力抜群で、性別関係なく誰でも持ちやすい長財布だと思います。

img_item_kotokiji_sub_01


− Mさんにとって“推し雑貨”の魅力的なところを教えてください。

この財布は、ミネルバボックスという牛革でできています。ミネルバボックスとは、伝統的な製法のレザーで長い時間をかけて革にオイルを染み込ませています。そのため、オイルが抜けにくく長く使うことができるんです。そして、使えば使うほど、味が出る。経年変化を楽しめるのがこの財布の何よりの魅力だと思います。

img_item_kotokiji_sub_01

私が今使っている財布も別のブランドになりますが、同じミネルバボックスレザーのものを使っています(下記画像右側)。メンテナンスしながらもう4年目になるでしょうか。私は大きめの財布が好きでこれを選びました。通帳やメモを入れたり、ちょっとしたクラッチバッグ代わりですね。今は、小さな財布もはやっていますが、私は絶対に財布はポケットに入れないので大きめがいいんです。財布をポケットに入れると、ジーパンのポケットに色褪せができてしまいますよね。大事なジーパンに色褪せをつくるわけにはいきませんから(笑)。

img_item_kotokiji_sub_01


− Mさん私物のお財布も革にツヤがあってとても綺麗ですが、“推し雑貨”のお財布もメンテナンスすればMさんの私物のようなツヤがでるのでしょうか?

はい。メンテナンスなんて面倒…と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなに難しいことはありません。私が使っているのはこの「サフィールノワール レザーバームローション」と「M.モゥブレィ グローブクロス」です。ローションクリームは手肌にも優しい、自然由来成分を多く含んでいます。埃をはらって、このクリームを塗り込み拭き取るだけでクリーナーと栄養補給をしてくれる、いわば“オールインワン”のクリームです。私ももう何本もリピートしています。クロスも手袋のように手をいれられるので、クリームを塗ったあと、簡単に拭き取ることができるんです。

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

池袋ロフトでは、革製品のメンテナンスのためのグッズも充実しています。これから入学や就職のお祝いでお財布をプレゼントするという方も多いのではないでしょうか。丁寧にお手入れをすることで、長く使える革財布はプレゼントにぴったりです。ぜひ、お財布を選んだら一緒にメンテナンス用品もプレゼントしてほしいなと思います。メンテナンスしながら長く使って経年変化を楽しめる革製品は本当に魅力的なんですよ。

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

**********

大の革製品好きのMさんの推し雑貨は、使えば使うほど味が出る「ブレイリオ ミネルバボックス ジップロングウォレット」。メンテナンスをしながら使い続けることで、革につやがでることはもちろん、愛着も増していきそうです。

季節はもうすぐ春。ご自分のお財布を新調するのはもちろん、新生活を始める大切な人へのプレゼントにも、長く使える革財布はぴったりです。店頭には今回ご紹介したお財布以外にもさまざまなバリエーションがそろっています。そして革製品には、メンテナンス用品も忘れずに!

[ブレイリオ ミネルバボックス ジップロングウォレット ナチュラル 税込24,200円]
[サフィールノワール レザーバームローション 税込2,200円]
[M.モゥブレィ グローブクロス 各色 税込550円]

img_item_kotokiji_sub_01

全8回にわたって全国のロフトスタッフの愛用雑貨を紹介してきた「これがわたしの“推し雑貨”!」はいかがだったでしょうか?

連載は今回で最終回となりますが、きっとこれからも全国のロフト各店舗で働く販売員たちの“推し雑貨”はどんどんと増えていくはず。またいつかどこかでスタッフのあふれる雑貨愛をお伝えできたら嬉しいです。皆さんもぜひ、ご自身の“推し雑貨”をロフトで探してみてください!

★連載「これがわたしの“推し雑貨”!」バックナンバーはこちらから>>

※掲載情報は、2020年2月29日の時点のものです。展開内容・在庫状況は変動いたします。
※ご紹介した商品は一部ロフト各店舗のほか、ネットストアでもお買い求めいただけます。取扱い内容は店舗により異なる場合がございます。詳しくはご希望の店舗までお問い合わせください。

記事掲載日:2020/02/29

PageTop