コトキジ KOTOKIJI

【連載】これがわたしの“推し雑貨”! その3

気移りなし!Oさんの本命リュック

twitterfacebook

#これがわたしの“推し雑貨”! #ロフトのヒミツ #ファッション

さまざまな雑貨が一堂に集まるロフトの各店舗。そんなお店でスタッフは、どうしたらお客さまによりお買い物を楽しんでもらえるか、どうやって新しい発見や体験をお客さまに届けるかを日々考えています。

そんな常日頃、“雑貨”や“お買い物”について考えを巡らせているスタッフたちの大好きな“推し雑貨”を毎月紹介するのがこの連載です。“推し雑貨”として選んだ理由、大好きなポイント、そしてそのアイテムにまつわるエピソードをお届け!3回目は、ついに見つけた本命リュックで、仕事へ、遊びに、そして旅行へも出かけるOさんにインタビューしました。

■Oさんの“推し雑貨”

img_item_kotokiji_sub_01

今回お気に入りの雑貨を教えてくれるOさんは、銀座ロフト「ファッション雑貨 バッグ&トラベル用品」のフロアで、バッグやトラベル用品の接客販売を担当するスタッフのひとりです。銀座という場所がら、外国のお客さまの対応をすることも多いのだとか。「お客さまと接することが大好きです!お客さまに喜んでもらえることが大きなやりがいです」とOさんは話します。

そんなOさんの“推し雑貨”をご紹介。その魅力とは…?

■ 本命一筋Oさん!

img_item_kotokiji_sub_01

本命を見つけたら一筋な Oさん
銀座ロフト ファッション雑貨 バッグ&トラベル用品売場
ロフト歴4年

− 趣味や好きなことはありますか?

3年くらい前から青空市や蚤の市に行くことにはまっています。きっかけは、軽井沢へ旅行に行ったときに、バザーでアンティークや年代ものの小物を売っている方に出会ったことです。そのときにドイツ製のキーホルダーを購入しました。可愛くて、こんなの欲しかった!…という単純な気持ちからです。その方にショップカードをいただいて、その方が出展する都内の青空市や骨董市に何度か出かけるようになり、古くて味のあるユーズド雑貨が持つ魅力にはまってしまいました。

− ユーズド雑貨の魅力を教えてください。

私がかわいいな、素敵だな、と思うのはヨーロッパのユーズド雑貨が多いのですが、何十年も前、ものによっては百年以上前にヨーロッパの人たちが使っていた歴史あるものですよね。それが現代の、日本に住む私の目の前にある!…と思うとドキドキするんです(笑)。あと、人と被らないのも魅力だと思っています。

img_item_kotokiji_sub_01


− 今、青空市や蚤の市で狙っている物はありますか?

量販品と違って、よりその時々の「出会い」が大切なので、足繁く通って素敵な物と出会えたらいいなと思って通っています。でも、買う機会はあまりなくて。見ているだけで楽しいんです。
でも、お財布とか、日常で使えるお気に入りを青空市や蚤の市で見つけられたらいいですよね。あとはユーズド雑貨のスマートフォンケースとかあったら最高。多分、ないとは思いますが(笑)。

■推し雑貨“「off toco(オフトコ)2STYLEカメラバックパック」”

− 気に入る物を探して、見つけたら長く愛用しますか?今回ご紹介いただく“推し雑貨”も長く使われている物でしょうか。

はい。気にいると長く使い続ける方だと思います。今回ご紹介する私の“推し雑貨”はリュックです。「off toco 2STYLEカメラバックパック」というリュックで、その名の通りカメラバッグなんです。上と下に仕切りがあって、下にカメラを入れられるようになっています。

img_item_kotokiji_sub_01


− 購入したきっかけを教えてください。

私が普段持ち歩くのは、小さなお財布、ポーチ、傘くらい。荷物が少ない方なので、小さなリュックを探していました。小さいリュックって、ショルダーベルトがとても細いものが多いんです。そんなとき、出会ったのがこのリュック。サイズが小さくて、ショルダーベルトがしっかりしていたので、即決しました。

img_item_kotokiji_sub_01

− 使い始めてから、どんなところが特に気に入りましたか?

カメラは持ち歩かないのですが、リュックの中が上と下に分かれているのはとても便利です。下部分には、カメラやレンズを収納するインナーケースがついているのですが、私は外して使っています。下には傘やペットボトルを入れることが多いですね。

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

背負ったままの状態でも、左右のハンドル付きダブルファスナーを開閉して物を取り出すことができるので、便利です。

※こちらの画像は、店頭の商品を撮影しています。Oさんお手持ちの「off toco」バッグとは、異なるサイズ・色の商品です。

img_item_kotokiji_sub_01

上部分には、財布やポーチを入れています。大きなリュックだと、中で物が遊んでしまうのですが、これは小さくてその上2層になっているので、バッグの中の整理が簡単です。小さい財布がリュックの底で迷子になって探しにくいなんてこともなくなりました。しかも、大きめな物を入れるときなどは、中央の仕切りを外し、上と下を貫通させることもできるんです。

− ポケットもたくさんあるんですね。

そうなんです!全面のポケットは大きくL字型に開閉するので、入れてある物を確認したり、取り出したりするのも簡単。私はここにスマートフォンやハンカチなどを入れておくことが多いです。
背面にもポケットがありますし、内部にもタブレットが収納できるポケットがついています。これがあれば良いのにな、って思うことがなくて、私にとって完成されたリュックです。

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01


− このリュックを使うのは出勤のときですか?

出勤のときも使いますし、休日もこのリュックで出かけます。
今は、バッグはこれしか使っていません。それくらい気に入っているんです。機能面とは関係ないですが、裏地の鮮やかなブルーもとっても綺麗ですよね。裏地が鮮やかだと暗い色の小物がリュックの中で迷子にならないというのも使っているうちに分かりました。あとは、毎日使う機能ではありませんが、トランクに固定できるキャリーベルトが背面についているので、旅行のときにも便利です。


− 旅行がお好きなんですか?

はい。実は明日からフィンランドに旅行に行きます。年に2回くらいは旅行に行っているんです。これまでの旅行もこのリュックと一緒でしたし、明日からのフィンランドもこのリュックで出かけます。これからも、毎日の出勤やお出かけはもちろん、海外旅行先でも相棒として、大切に使っていきたいです。気に入った物を見つけると、それ一筋なので(笑)!!

**********

img_item_kotokiji_sub_01

日頃から、青空市や骨董市などでもお気に入りを探すOさんの“推し雑貨”は、「off toco 2STYLEカメラバックパック」。

カメラパックとして販売されているだけあって、機能面がとても充実しています。カメラを使う方はもちろんですが、Oさんのようにカメラを持たないという方にとっても、使い勝手は抜群。中が上下に分かれていて、ポケットも多いので、バッグの中をきちんと整理整頓したいという方にはもってこい。背負ったままで荷物を取り出したいという人にも!

バッグ・トラベルコーナーには、「off toco」シリーズ*1 はもちろん、さまざまな機能にこだわったバッグやリュックを揃えています。ぜひ、あなたの本命を探しに来てください。

[オフトコ Sサイズ グレー 税込7,539円]
*1 今回ご紹介いたしました「off toco 2STYLEカメラバックパック Sサイズ」は、現在銀座ロフトではお取り扱いのないモデルとなっております。同シリーズの内、別モデルのお取り扱いはございます。

★ロフトネットストアの“オフトコ”シリーズラインナップを見る>>

※掲載情報は、2019年9月28日の時点のものです。展開内容・在庫状況は変動いたします。
※ご紹介した商品は一部ロフト各店舗のほか、ネットストアでもお買い求めいただけます。取扱い内容は店舗により異なる場合がございます。詳しくはご希望の店舗までお問い合わせください。

記事掲載日:2019/09/29

PageTop