コトキジ KOTOKIJI

知ってた? 気を付けたい3つのポイント

靴クリームを長く使っていくために

twitterfacebook

#靴磨き女子部 #ファッション

「明日は大事な日、足元も見られる気がする。よし、靴磨きするぞ!」と気合いをいれて、いざ玄関へ。ひさびさに靴クリームを手に取り、蓋を開けると肝心の靴クリームが乾燥していた……。そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。今回の記事では、靴クリームを正しく効果的に、長く使用するための3つのポイントをご紹介いたします。靴クリームに使用期限は基本的にはありません。正しく使っていただくには、その保管方法が大切なのです。

① 使用後は、必ず蓋をしっかりと締めること

img_item_kotokiji_sub_01

急いでたり、または特に意識してないと、使用後の蓋の締め方が緩い場合も。空気が入りやすい環境だと、靴クリーム内の水分が飛んでしまいます。キュッっと締めてくださいね。
(先ほどご紹介した靴クリームの乾燥の原因は、蓋の締め具合が甘かったことにありました)

② 夏場は注意

img_item_kotokiji_sub_01

靴クリームは温まると、溶けやすくなります。高温になる場所での保管は避けていただくことをおすすめいたします。

③ 靴クリームを使う時は、出来るだけ清潔な布やブラシを使うこと

img_item_kotokiji_sub_01

久しぶりに靴クリームを開けてみたら、少し匂いが気になると感じた方。もしかして布やブラシ、汚れたものを使っていませんか?その汚れには、菌がついていることがあります。布やブラシに付着した汚れは、靴クリームの容器内に残ってしまう場合も。汚れもそのままに、容器内が密閉された環境が続くと異臭が生まれる危険性につながるのです。

img_item_kotokiji_sub_01

異臭を感じた場合は、ツールの早めのお取替えをおすすめします。靴磨きで使った布を何度もつい繰り返し使用してしまうこともありますよね。毎回、毎回やらなければいけないといことではありません。布やブラシは定期的に中性洗剤とぬるま湯で洗いましょう。

【目安例】ペネトレイトブラシ&クロス 洗いどき画像

img_item_kotokiji_sub_01

【洗い方】

・・用意するもの・・
中性洗剤
ぬるま湯
洗うための容器(汚れやすいので、汚れてもOKなもの)
・・・・・・・・・・

①ブラシについている余分なクリームは、先にティッシュや紙に移しましょう。ぬるま湯に毛先を浸し、柔らかくします。
②中性洗剤を少量入れ、汚れを落としていく。
③数回水を変えながら、ブラシが綺麗になるまで繰り返す。
④綺麗になったら、布などで水分を取り乾燥させる。
※クロスも同様です

ぜひお試しください!

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

[M.モゥブレィ シュークリームジャー 各色 税込972円]
[M.モゥブレィ ペネトレイトブラシ 各色 税込432円]
[M.モゥブレィ ポリッシングコットン 各色 税込432円]

提供:靴磨き女子部
物を長く大事にしていくスタイルが浸透している中で、以外とまだ日本の女性に知られていないのがシューケア。
シューケア用品輸入販売商社、株式会社R&Dの女性社員グループ「靴磨き女子部」は、「もっと女性にシューケアを知ってもらいたい、ライフスタイルに取り入れてもらいたい」と、大切な靴が何年も履けるような正しい靴のお手入れ法を教えています。

記事配信日:2019/09/26

PageTop