コトキジ KOTOKIJI

令和元年夏 御朱印集め、始めませんか

御朱印帳を持って旅に出よう

twitterfacebook

#カルチャー #お出かけ #ついつい集める○○

お寺や神社めぐりの参拝記念、旅の思い出に人気の御朱印集め。特に今年は新しい時代を迎え、新元号特別記念の御朱印を頒布される寺社もあるそうです。「令和元年」の日付も入るということで、この夏休みは御朱印集めを始めるのにぴったり!旅先で、まだまだ続くこの暑さの中、お寺や神社に足を運んでいただく御朱印たち。旅が終わり御朱印帳をめくれば、写真とはまた趣きの違う、この夏のすてきな経験を思い出にできるはず。まずはロフトで、お気に入りの御朱印帳探しからスタートです!

■御朱印帳ってなぜ必要なの?

img_item_kotokiji_sub_01

近年「御朱印ガール」という言葉も聞かれるほど、大人気の御朱印。もともとは納経印(のうきょういん)ともいわれ、写経したお経をお寺に納めた証としていただくものでした。現在は御朱印はお寺や神社の参詣・参拝の証とされ、神様仏様とのご縁を結ぶもの、丁重に扱うべきものとされています。そのため、御朱印をいただく時はノートや手帳ではなく、専用の御朱印帳を用意するのが良いでしょう。御朱印帳はかわいいもの、シックなも、多彩なデザインがそろっており、中には上質な和紙が使われています。また御朱印は記念スタンプとは異なりますので、基本のマナーを知っておくことも大切です。

〈ご存知ですか、御朱印のマナー〉
・御朱印はご自身の参詣・参拝の証としていただく  
・必ず神様仏様にお参りをしてからいただく
・神様仏様、寺社の方への感謝・敬う心を大切に
・いただいた御朱印は大切に保管する

■かわいくアレンジ、ご自身の干支の御朱印帳を

img_item_kotokiji_sub_01

一冊目の御朱印帳を選ぶなら、表紙に干支の動物を描いたものはいかがでしょう。古来、生まれ年の干支のものを身に付け、「無病息災・厄除祈念」を願う風習があります。表紙には金で箔押された干支の一文字と、かわいくアレンジされた干支の動物あしらいました。中面は画材や書道に使われる伊予和紙の鳥の子紙(とりのこがみ)を使っており、高級感のある約181×121×16mmの大判サイズ。蛇腹式で、なめらかでつやがある淡黄色の本文紙は鳥の子紙2枚重ね・48ページです。

向かい干支を選ぶという手も

img_item_kotokiji_sub_01

自分の干支が好きじゃない……という方は、向かい干支を選ばれてみては。「向かい干支」とは、生まれ年の干支から六つ先に位置する干支。干支を円状に並べたとき、自分の干支の向かいにくる干支のことです。(例:子と午、丑と未)
「向かい干支」は自分の干支とは正反対の位置にあることから自分にない力を持つとされ、守り干支・ラッキーアイテムとされてきたそうです。「いろどり御朱印帳」でご自分の干支と向かい干支を選び、お寺と神社で使い分けるのも良いかも。もちろんお気に入りの表紙をお選びいただくのもOKです。

[オリエンタルベリー いろどり御朱印帳 十二支シリーズ 各種 税込2,160円]

■コンパクトなサイズに祈る心を重ねて

img_item_kotokiji_sub_01

お参りするときは手と手を合わせ心を込めて、という想いで名づけられた「てのひら御朱印帳」。ネーミング通りサイズ約113×160×14mmとスリムで小柄な手のひら大、かさばらずどこにもお供します。中面は蛇腹式、白くしっかりとした奉書紙(ほうしょし)2枚重ね・48ページ。こちらの画像は、絆や魔除など吉祥のしるしとされるカタチをちりばめた「水引梅結び」です。

縁起の良いモチーフを可愛くデザイン

img_item_kotokiji_sub_01

「てのひら御朱印帳」は20種類以上もの表紙のバリエーションも魅力です。キュートなもの、シックなもの、ほのぼの系、どれもすてきですが日本の吉祥のしるし、家内安全、恋愛運や金運アップなど縁起の良いモチーフがイチオシ。画像左から「犬張子」「恋愛運づくし」「金運づくし」です。 

[オリエンタルベリー てのひら御朱印帳 各種 税込1,620円]

■表紙は友禅、京都うまれのモダンなデザイン

img_item_kotokiji_sub_01

表紙は伝統の京友禅、裏表紙はデリケートな色味と質感のタント紙。友禅の手仕事の美しさを、モダンで印象的なデザインに仕上げた“goen(ゴエン)”シリーズの御朱印帳は、おしゃれな大人女子におすすめです。京都で書道や日本画に使う和紙、伝統の技術とスタイリッシュなデザインを融合させた短冊や和本などを販売する、「尚雅堂」(しょうがどう)がお届けします。

img_item_kotokiji_sub_01

こちらもgoenシリーズ、レッド系のバリエーションはアジアンテイストのような雰囲気のあるデザイン。同じ柄でブルー系もございます。サイズは約120×180×15mm、本文紙は朱印帖専用の格調高い越前奉書で蛇腹式、11山です。

[尚雅堂 goen(ゴエン) 友禅朱印帳 各種 税込1,404円]

■お参り・御朱印にまめがまと小銭のご用意を

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

御朱印の料金は寺社ごとに違いますが300~600円位が多く、特別の御朱印は1,000円以上の場合もあるそうです。お参りして御朱印をいただくときは、お賽銭と御朱印の料金を用意しておくとスムーズです。「まめがま」は500円玉が入るゴムバンド付きの小さながま口。お金を事前に入れておき、ブックバンド替わりに御朱印帳と一緒に携帯すると便利。動物や干支、縁起の良いモチーフのかわいい刺繍付き。

[オリエンタルベリー 御朱印帳ゴムバンドまめがま 各種 税込1,059円]

■ステキな御朱印を探して旅立とう!

img_item_kotokiji_sub_01

ロフト各店舗ではこのほか、バリエーション豊かな御朱印帳をご用意しています。お気に入りの一冊が見つかったら、旅の計画を立ててみませんか。全国各地の寺社には、ステキな御朱印がたくさん。神仏を敬う想いを胸に、御朱印帳をバッグに、出かけましょう。御朱印をきっかけに、ステキな出会いも待っているかもしれませんよ。

★ロフトネットストアで御朱印帳を見る>>

※ご紹介した商品はロフト各店舗のほか、ネットストアで取り扱いしています。
※取り扱い内容は店舗により異なる場合がございます。詳しくはご希望の店舗までお問い合わせください。

記事配信日:2019/08/17

PageTop