コトキジ KOTOKIJI

ロフトオリジナルのレシピで楽しむ

BRUNO crassy⁺ オーバルホットプレート

twitterfacebook

#イベント #レシピ #作ってみた

SNS映えするパーティー家電として、またデイリーユースにも活躍する家電ブランド“BRUNO(ブルーノ)”のホットプレートたち。おいしいメニューをテーブルの上でおしゃれに楽しめるこのアイテムは、ロフトでも大人気です。今年、ラインナップに新しくBRUNO crassy⁺ (ブルーノ クラッシィ)シリーズが登場し、「オーバルホットプレート」が仲間入り。今回の記事ではさらに使いやすくなったホットプレートをご紹介。人気イタリアンシェフ KEITAさんによる、イタリアの食品ブランド「アルチェネロ」の食材を使った、この新しいホットプレートのためのロフトオリジナルのレシピも公開します。

■ここが新しい!おしゃれなオーバルのフォルム

img_item_kotokiji_sub_01

今回ご紹介する「オーバルホットプレート」は「BRUNO crassy⁺」という新シリーズから登場した、楕円型のホットプレートです。色もお部屋になじみやすいシックなブラック・グレージュの2色で、テーブルの上に置いても違和感のない雰囲気。作る、食べる、片付ける、がもっと心地よくなる、そんな機能とデザインを持つアイテムです。

■深鍋も加わりメニューがグンと多彩に

img_item_kotokiji_sub_01

本体+使いやすさがアップした6つのパーツ

img_item_kotokiji_sub_01

「オーバルホットプレート」は、今までのBRUNOのホットプレートと比べて、形以外にもさまざまな違いがあります。付属のプレートは「平面」「たこ焼き」(大玉サイズ・24穴)「深鍋」の3種類。平面プレートは、他のコンパクトホットプレートのものと比べやや深め、吹きこぼれの心配なくご飯を炊くこともできます。深鍋はガス直火でも調理でき、煮込みや鍋料理もOK。これ一台でデイリーからパーティーまで、豊富なメニューをお楽しみいただけます。プレートごとに食卓にサーブできるハンドル、下に敷くシリコンマットなどのセットツールも◎。

■お手入れがよりシンプル&簡単に

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

スチール製くず受けトレイは簡単に外して水洗いできます。ヒーター・本体一体型、埋め込み式プレートなので、サッと拭くだけでキレイに。くずやゴミも中に入りにくく、食事を楽しんだ後の付けもラクラクです。

ハーフプレートをセットするとこんな感じ

img_item_kotokiji_sub_01

オーバルホットプレートのサイズは約390×150×260mm、重さ約2.8kg、定格消費電力1,200W。本体にプレート取り替え用ハンドルを含む、6つのパーツがセットされています。また別売りのハーフプレートもご用意。2つのメニューを同時に調理し、個別に取り出せるので取り分けも簡単です。

[BRUNO crassy⁺ (ブルーノ クラッシィ) オーバルホットプレート 各色 税込17,280円]
[BRUNO crassy⁺ (ブルーノ クラッシィ) オーバルホットプレート用ハーフプレート 税込3,780円]

■おいしいレシピの中から、深鍋で作る「鱈とじゃがいものラザニア」をご紹介

img_item_kotokiji_sub_01

ミルクとチーズたっぷり、ボリューム満点でスペシャルメニューにもピッタリなラザニア。オーガニック食材「アルチェネロ」を使って、イタリアンシェフ KEITAさんがロフトのお客様のために考えてくださった3つのレシピの中から、「鱈とじゃがいものラザニア」をご紹介しちゃいます!メイン具材に鱈の切り身をチョイスしたことで、コクがあってもカロリー抑え目、白ワインにもよく合うお料理になっています。

イタリアンシェフ KEITAさん

img_item_kotokiji_sub_01

【PROFILE】

小さいころ母が作ってくれたミートスパゲティが大好物。

自分の料理で人を喜ばせたいと思いイタリア料理人を志し、地元のレストラン勤務後、2003年の冬に北イタリアのピエモンテ州ドモドッソラへ。

アルプスの山々に囲まれ、日本の喧騒とはかけ離れ、ゆっくり時間が流れているドモドッソラの街に魅了されRistorante la stellaでセコンドシェフを、マルケ州ロレートRistranteAndrenaでもつとめ約3年間イタリアで過ごす。滞在中にイタリア各地を旅し郷土料理を体感する。

帰国後は都内のレストランでシェフとして働く傍ら、自宅で始めた料理教室(CASAK)で自身がイタリアに住んで、見て、感じて、学んだ温かい料理を教える楽しみを覚え、イタリア郷土料理のよさを伝えている。

~鱈とじゃがいものラザニア~

【材料(BRUNO crassy⁺ オ ーバルホットプレート 深鍋1台分/約4人分)】(調理時間:約40分)

・アルチェネロ 有機ラザニア…9枚
・アルチェネロ 有機エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル ドルチェ…大さじ1
・牛乳…250ml
・鱈の切り身…600g(6切れ)
・じゃがいも…300g(2個)
・にんにく…2個
・ローズマリー…1枝
・塩・黒コショウ…適量
・シュレッドチーズ…250g
・白ワイン…大さじ1

(下準備)
・じゃがいもは薄くスライスして茹でておく。
・ローズマリーは枝からはずしておく。

【作り方】

1. オーバルホットプレートの深鍋に潰したにんにく、オリーブオイル、鱈を入れて火力を[HI]にして炒める。

2. 全体に火が入ったら塩・黒コショウをして、白ワインを加えて鱈を細かくほぐす。

3.火力を[LOW]にして、深鍋に2の材料を1/3ほど並べる。

img_item_kotokiji_sub_01

4. 3の上にじゃがいもの1/3量、ローズマリー1/2量、ラザニア2枚を重ねて、牛乳を入れる。

img_item_kotokiji_sub_01

5. 4の上にシュレッドチーズ、鱈・じゃがいも1/3量、ラザニア2枚を重ねる。

img_item_kotokiji_sub_01

6. 5と同じ手順でもう1回重ね、フタをして約30分(※)加熱したら、仕上げに黒コショウと残りのローズマリーをトッピングして完成。
※15分経過したら煮汁をかけて全体になじませる。

POINT!
1の行程で火力を[HI]にし、十分プレートを温めてから鱈をしっかりと炒めます。水分を飛ばすことで、臭みを香ばしさに変えます。

■このほかのオリジナルレシピの動画も公開中

img_item_kotokiji_sub_01

KEITAシェフが考えたオリジナルレシピは、このほかにもたこ焼きプレートを使った「イタリアンたこ焼き」、平面プレートを使った「カジキマグロのラグーソースペンネ」がございます。ただ今この3つのレシピ動画を、ロフトの一部店頭と以下のサイトで公開中です。BRUNO crassy⁺「オーバルホットプレート」を楽しく使えるアイデアが詰まったオリジナルレシピ、ぜひトライしてみてくださいね♪

YouTubeでLOF-TV「BRUNO crassy⁺ オーバルホットプレート」のレシピ動画を見る>>

★イタリアのオーガニック素材100%を使用したパスタ、ソース、オリーブオイルなどの食品ブランド「アルチェネロ」。ロフトでは現在以下の12店舗でお取扱中です。

■アルチェネロ 取り扱い店舗:全国のロフト 12店舗
渋谷ロフト・池袋ロフト・銀座ロフト
吉祥寺ロフト・横浜ロフト・千葉ロフト
札幌ロフト・仙台ロフト・ロフト名古屋
梅田ロフト・神戸ロフト・天神ロフト

※こちらの情報は、2019年7月27日(土)時点のものです。展開内容・在庫状況は変動いたします。
※取り扱い内容は店舗により異なる場合がございます。詳しくはご希望の店舗までお問い合わせください。

記事配信日:2019/07/27

PageTop