コトキジ KOTOKIJI

家の汚れ・ニオイは漬けおき洗い!

「オキシ漬け」* 入門編!

twitterfacebook

#暮らし #使ってみた

衣類、お風呂場、キッチン、リビング等のさまざまな汚れの漂白や消臭に酸素系漂白剤「オキシクリーン」はいかがでしょうか。オキシクリーンをお湯で溶かした溶液に汚れを落としたいものを漬ける「#オキシ漬け*」は、SNS上で約4万件投稿されています。(2019年6月:(株)グラフィコ調べ)しかし、中には「自己流でやってみたらあまりキレイにならなかった」というお声もチラホラあるようです。

そこで、今回は基本の“き”、スタンダードな「オキシ漬け」の方法をご紹介いたします。これさえマスターすれば、家中のお掃除が楽しくなるかも!

*オキシ漬け:酸素系漂白剤「オキシクリーン」を使用した、漬けおき洗いの愛称です。
注) すべての汚れ・ニオイを落とすわけではありません。

■基本の分量

img_item_kotokiji_sub_01

まずは基本となる使用量は、お湯4ℓに対して、オキシクリーンであれば付属のスプーンまたはキャップ1杯、オキシクリーンEXであれば付属スプーンのライン2となります。

【STEP1】オキシクリーン溶液をつくる

img_item_kotokiji_sub_01

漬けおきする洗い桶などに、40~60度のお湯を用意し、オキシクリーンを入れ、よく混ぜて溶かす。

【STEP2】溶液に漬けおく

img_item_kotokiji_sub_01

溶液に、汚れものを漬ける。漬けおき時間は20分程度(最大6時間まで)を目安に、汚れの程度に合わせて調節。

【STEP3】よくすすぐ

img_item_kotokiji_sub_01

最後にしっかり水ですすぐ。

■浴槽・バスグッズもオキシ漬け!

img_item_kotokiji_sub_01

基本の「オキシ漬け」と同じ要領で気になる浴槽・バスグッズの汚れを落とすことも!浴槽にお湯をため、その中に小物を入れて放置。最後にブラシで軽くこすり、水で洗い流しましょう。お湯80ℓの場合、スプーン20杯 or ライン4×5杯が目安です。

注) 入浴剤が入った残り湯は使用しないでください。

■これからの季節にもオキシクリーン!

img_item_kotokiji_sub_01

梅雨時や夏場は、ニオイや汚れが気になりがちです。そんな時は、ぜひ「オキシ漬け」を試してみてください。忙しい毎日の家事をサポートしてくれるオキシクリーンを、上手に暮らしに取り入れてみてくださいね。

注) すべての汚れ・ニオイを落とすわけではありません。
注) 事前に商品パッケージの注意事項をご確認のうえ、ご使用ください。

■オキシクリーン ネットストア限定商品

img_item_kotokiji_sub_01

ただいまロフトネットストアでは、「オキシ漬け」ビギナーにもおすすめのデビューセットをご用意しております。オキシクリーン1500gとプレケア洗剤マックスフォース、ジェルスティックとガイドブックのお得なセットをお見逃しなく!

【オキシクリーン 1500g】
毎日のお洗濯からキッチンのお掃除まで、様々な場面で洗浄力を発揮してくれます。塩素系漂白剤とは違って、ツンとした刺激臭も無く、色柄物にも使えます。
【オキシクリーンマックスフォース 354ml】
オキシクリーンマックスフォースに、さらに油汚れへの効果を高めたのがこの泡タイプです。お洗濯前に泡をしみ込ませるだけで、ガンコな汚れや、乾いたシミもジュワッと分解。
【マックスフォース ジェルスティック】
シミ抜きに特化したプレケア洗剤です。お洗濯前に直塗りスクラブヘッドをで襟や袖の汚れをケア。液だれせずに、しっかりとしみこむジェルタイプです。

注) すべての汚れ・ニオイを落とすわけではありません。
注) 事前に商品パッケージの注意事項をご確認のうえ、ご使用ください。

[ネットストア限定 オキシクリーン 体験デビューセット 税込2,700円]

★ロフトネットストアで”オキシクリーン“シリーズラインナップを見る>>

※ご紹介した商品はロフト各店舗のほか、ネットストアで取扱いしています。
※取扱い内容は店舗により異なる場合がございます。詳しくはご希望の店舗までお問い合わせください。

記事配信日:2019/07/01

PageTop