コトキジ KOTOKIJI

パリより世界に向けて発信を続ける「文創具®」ブランド

中島重久堂の鉛筆削り

twitterfacebook

#ステーショナリー #銀座ロフト

「銀座ロフト」は1階~2階のフロア拡大を行い、2019年4月26日(金)「新生・銀座ロフト」(銀座ベルビア館1階~6階)としてグランドオープンいたします。今回の記事では、新生・銀座ロフト「5F 文具」のフロアで取り扱う「中島重久堂」の鉛筆削りをご紹介いたします。

img_item_kotokiji_sub_01

株式会社中島重久堂は、1933年に創業した国内唯一の小型鉛筆削り専門の会社です。
80年以上大阪で職人の手により鉛筆削りの刃、ボディー、セットまでを自社工場にて一貫生産を続けています。NJKブランドの鉛筆削りを通じて、『もったいないの精神』『創意工夫』『想伝』を重んじ、真の文創具ブランドとして文化創造に貢献するために、2013年よりパリから世界に向けて発信を続けています。

■「鉛筆削りを通じて、文化創造に貢献する」

img_item_kotokiji_sub_01
img_item_kotokiji_sub_01

Pencil Flake Art by Midori

中島重久堂は、パリで開催されているMAISON&OBJET PARISに2013年より6回出展しており、鉛筆を削った後にできるペンシルフレークやペンシルフレークアートとともに、モノだけでなく、空間やコトについて「文創具」ブランドらしい発信を続けています。

■銀座ロフト先行商品をご紹介!

img_item_kotokiji_sub_01

今回の銀座ロフトのグランドオープンを記念して、半年間の先行販売を行う2アイテムをご紹介いたします。
今年の1月にMAISON&OBJET PARISにて発表されたペンシルフレークの造形美を楽しむ鉛筆削り「8 [éit] Double blade Pencil sharpener」。「鉛筆を削り、心をととのえ、2枚の刃から削り出すペンシルフレークの造形美を楽しむ」をコンセプトに中島重久堂と新潟燕三条のアルミ加工で有名なTAKEDA DESIGN PROJECTとコラボした鉛筆削りです。

[8[éit] Double blade Pencil sharpenerスペアブレード 2個 化粧紙箱入り 10,000円(税込10,800円)]

■「もったいない」というモノを大事にする想いを鉛筆から

img_item_kotokiji_sub_01

「想いをつなぐ鉛筆削り TSUNAGO」は、2015年の発表以来モノを大切にする『もったいない』の意識を持った世界の方々より支持を受けています。今年1月にパリで販売4周年記念として発表した透明色のTSUNAGOが、日本での初お披露目です。

[TSUNAGO & HOLDER SET Color: 透明 orスタンダード 各1,800円(税込1,944円)]

■世界中で愛されている商品も発売!

img_item_kotokiji_sub_01

531S 鉛筆削りは、電動鉛筆削りで削るような角度で鉛筆を削ることができ、世界中の鉛筆を愛用する方から支持を得ている商品です。

[531S Long lead Pencil sharpener 500円(税込540円)]
※スペアユニット付き

■レトロで可愛い動物鉛筆削りも登場

img_item_kotokiji_sub_01

動物の形をした鉛筆削りは、半世紀ぶりに、金型をメンテナンスし、2013年パリのMAISON&OBJETにて再デビューした商品です。その当時の職人が手で金型の表面を加工しているため、現代の技法で再現するのは、不可能な一品です。ヨーロッパでもレトロを感じさせると人気のある鉛筆削りです。

[15 Animal Pencil sharpener 300円(税込324円)]

■愛され続けて半世紀

img_item_kotokiji_sub_01

半世紀以上変わらぬデザインで販売されているのが、516&508 Pencil sharpener。
No.516は、鉛筆や色鉛筆、No.508は色鉛筆、チャコペン、コスメ用鉛筆等の軟らかい芯を削るのに適した鉛筆削りです。

[516&508 Pencil sharpener 300円(税込324円)]

銀座ロフトは4月26日(金)にリニューアルオープン。新たな取り組みやたくさんの企画を取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。どうぞお楽しみに。

★コトキジ『新生・銀座ロフトが発信する「雑貨の今」vol.1』はこちら>>
★コトキジ『新生・銀座ロフトが発信する「雑貨の今」vol.2』はこちら>>

記事配信日:2019/04/17

PageTop