コトキジ KOTOKIJI

靴磨き女子部のフォーマルシューズをご紹介

結婚式ゲストさんのお呼ばれ靴マナー

twitterfacebook

#靴磨き女子部 #ファッション

3月~6月にかけては春のブライダルシーズン。この時期、結婚式に招待されている方もいらっしゃるのでは?友人・知人のおめでたい席なので、おとなとして失礼のないよう、装いの基本的なマナーは知っておきたい、きちんと守りたいところですね。そこで今回は、結婚式に出席するときのシューズ(パンプス)マナーを、靴磨き女子部スタッフのフォーマルシューズをご覧いただきつつご紹介します。実は意外と細かなマナーがあるんですよ。

■つま先が隠れるデザインをチョイス

img_item_kotokiji_sub_01

【OK】つま先が隠れるパンプス              
【NG】ブーツ、オープントゥ、サンダル、スニーカー     

結婚式でのパンプスは露出度の少ないデザインがベターで、足の指や甲などが出ているサンダル、オープントゥのタイプなどはふさわしくないとされています。なぜ、つま先が出ている靴はだめなのでしょうか?スニーカー、ブーツもそうですがカジュアルに見えることに加えて、「つま先」→「妻先」→「妻が先立つ」と捉えられるため、NGとする場合が多いのだそうです。
  

■華やかさのある素材がぴったり

img_item_kotokiji_sub_01

【OK】エナメルやメタリックなど華やかな素材、シルクサテン、スパンコール、カーフ             
【NG】ヘビ、ファー、コットン、麻

パンプスの素材はシルクなど光沢のある布製、革ならツヤがあってゴージャスな印象のエナメルもぴったり。季節やドレスによってはスエードやカーフもおすすめです。

img_item_kotokiji_sub_01

革は「殺生のイメージ」があり、縁起が悪いのでは?という声も以前はありましたが、今や多くの靴は革素材で、男性のスーツに合わせる靴もレザーが多いため、「靴は革でもOK」とされることが多いようです。ただしヘビやファーなど、ストレートに動物をイメージさせる素材は避けた方が無難でしょう。

■カラーは黒や白、華やかな色もOK 

img_item_kotokiji_sub_01

【OK】洋服ではNGとされる白も靴はOK
【NG】バイカラー、アニマルデザイン、カジュアルデザイン              

あくまでフォーマル感のあるデザインが基本ですが、男性と違って女性のパンプスのカラーは、コーディネイトに合わせて黒や服装ではNGカラーとされる白、華やかな色まで、お好みの色を自由に選んでOKです。ベージュやピンクのワンピース・スーツに、淡い同系色のシューズを合わせるのもおしゃれ。ただしバイカラーは、「二つに分かれる」ことを連想させるので控えた方が良い、とされているそうです。

■ヒールの高さは3cm以上

img_item_kotokiji_sub_01

【OK】3cm以上の華奢なヒール靴                          
【NG】ペタンコ靴、太いヒール靴                            

結婚式では3cm以上のフォーマル感のあるヒールが良いとされており、厚底靴や太いヒールなどカジュアルすぎるタイプはふさわしくないとされています。

■マナーは大切ですが無理は禁物…

img_item_kotokiji_sub_01

ヒール3cm以上がマナー、とはいえ妊娠されていたり、ケガをしていたりとヒールを履くのが難しい方もいらっしゃるでしょう。そうした方は無理をせず、フラットなシューズを履いてくださいね。また、普段高めの靴を履き慣れていないという方は、会場でヒールに履き替えるのがおすすめです。会場への往復も含め、長時間履くことになるのを考えて、ご自身に無理のない高さのヒールをお選びください。

■ストッキングの色にも注意

【OK】肌色のストッキング                             
【NG】素足、カラータイツ、黒いストッキングやタイツ

肌の色に近い、ナチュラルカラーのストッキングが結婚式でのスタンダードと考えましょう。素足やカラータイツはカジュアルすぎるイメージがあるのでNGです。黒のタイツ・ストッキングはお葬式を連想させるので控えましょう。

■当日は忘れもののないように

img_item_kotokiji_sub_01

最後に、当日用の持ち物のチェックリストをご紹介します。
□袱紗 □ご祝儀 □お財布 □化粧品 □ハンカチ □ティッシュ □ストッキング(予備) □カメラ □スマートフォン □クローク用バッグ

予備のストッキング、このほか靴擦れした時のために絆創膏を持っていると◎。クロークに荷物を預けるときのためのバッグがあると便利ですよ。パンプスは素材に合ったお手入れを前もって行って、危なそうでしたら靴擦れ防止のメンテもしておきましょう。

提供:靴磨き女子部
物を長く大事にしていくスタイルが浸透している中で、意外とまだ日本の女性に知られていないのがシューケア。
シューケア用品輸入販売商社、株式会社R&Dの女性社員グループ「靴磨き女子部」は、「もっと女性にシューケアを知ってもらいたい、ライフスタイルに取り入れてもらいたい」と、大切な靴が何年も履けるような正しい靴のお手入れ法を教えています。

記事配信日:2019/02/26

PageTop