コトキジ KOTOKIJI

見返したくなる手帳&ノートを作ろう

新作KITTA&時間上手になるノート

twitterfacebook

#ステーショナリー #きわめる #ついつい集める○○

手帳やライフログの楽しみのひとつは、自由に書き込んだり色を塗ったり、好きなものを貼ったりと工夫して紙面やカバーを作ることですね。今年はずばり“見返したくなる手帳づくり”を意識して作ってみませんか。スケジュール、ライフログ、スクラップブック、バレットジャーナルなどは、書き込みから時間が経過したあとに振り返って眺めても、楽しい、役に立つ、達成感を感じるなど、様々なメリットが実感できると思います。もっと見返したくなるノートにするために、見た目を楽しく、可愛くおしゃれにアレンジするのもポイント。そんな手帳・ノート作りに手軽に使えるのがカードサイズのマスキングテープ「KITTA」です。

■KITTAはノート作りにうれしいデザイン揃い

img_item_kotokiji_sub_01

かさばらずスマートに持ち運びでき、カットされているので手軽に使えて、1冊に4つのデザイン入り。貼ってはがせる、という機能はそのままキープしている、まさにマスキングテープの革命的なアイテムが「KITTA」です。種類も15mm幅のベーシック、7mm幅のスリム、カドフレームやアイコンなど色々な形があるフィルム素材のシールと3タイプが揃っていて、使い勝手もバツグン。また大人愛い色とデザインで文具ファン、コレクターゴコロを刺激し、新柄が出るたびに欲しくなって、リピされている方も多いのではないでしょうか。

なんでもKITTAで貼ってみる

img_item_kotokiji_sub_01

ライフログやバレットジャーナルに、お気に入りの写真やコレクションなど、好きなものを集めたとっておきのページを作ると、自然と開いて見返したくなりますよね。チケット、ショップカード、写真やイラストをノートにKITTAで貼り付けるととてもキュート。名刺、領収書、はがきなど、なんでもKITTAで貼ってみると、日々のログも作品のような楽しさいっぱいのページになるかもしれません。

■収納用のキュートなブリキ缶が登場

img_item_kotokiji_sub_01

このKITTAシリーズの仲間に新しく加わったのが昨年11月に発売された専用収納ボックス「KITTA CAN(キッタカン)」。画像左より、花畑を思わせる「フラワー」、上が北欧のイメージ「ヤマ」、下がカラフルな色のチップがキュートな「カケラ」、グレー&ホワイトがシックな「レース」の4デザインが揃っています。

約15枚が収まるぴったりサイズ

img_item_kotokiji_sub_01

KITTA CANには約15冊のKITTAを収納できるので、お家で保管・収納するのにぴったりです。蓋には溝がついているので、スタッキングもできるというスグレものです。

[KITTA CAN(キッタカン) 各種税込789円]
※中身は付属しておりません。

■缶とお揃いのキッタリミテッドも登場

img_item_kotokiji_sub_01

さらに12月中旬に登場したのが、KITTA CANとお揃いのデザインのマスキングテープ「KITTA LIMITED(キッタリミテッド)」。左より、見る角度によってキラキラ色が変化する「カケラ」、マットな銀の印刷がクラシックで美しい「レース」など、これまでのKITTAとはちょっと違った特別感のあるデザインが特長です。シリーズで初めてマットシルバー箔、ホログラム箔などを採用しているとのこと。一冊に10枚×4柄、計40枚入り。数量限定ですのでピン!と来たらお早めに。

[KITTA LIMITED(キッタ リミテッド) 各種税込519円]
※数量限定品となります。
★ロフトネットストアでKITTAシリーズのラインナップを見る>>

■時間管理の達人を目指すノート

img_item_kotokiji_sub_01

SNSの勉強垢で学習時間や内容を記録したノートの画像を共有して、毎日の勉強や語学、資格試験の合格を目指してがんばる。学校で勉強したこと、仕事の打ち合わせ内容を、ノートを見やすく使って整理しておく。仕事や家庭のすべきことを、スムーズにこなすために手順や期日などを書いて見直す。そんな日々の予定をうまく進めていくサポートになる、“時間上手ステーショナリー”のノートはいかがでしょう。

KITTAとの相性も良さそう

img_item_kotokiji_sub_01

ノートを書く時にKITTAで内容にアクセントを付けたり、強調したりするとさらに見返しやすく、分かりやすくなるかもしれません。

噂のコーネルメッソドで情報整理を体験

img_item_kotokiji_sub_01

ピンク、イエロー、グリーンとファンシーカラーの可愛い表紙ですが、「情報整理の達人をめざすならこれ!」とメディアなどで話題になったノートです。繰り返しになりますが、ノートや手帳は後から見返したくなるよう、役に立つように作ると色々便利です。特に授業や勉強の内容、仕事の打ち合わせのメモは、見返した時にこそ真価を発揮するはず。それを踏まえた、効率的なノート作りをしてみませんか。

3分割で分かりやすくしっかり復習できそう

img_item_kotokiji_sub_01

このノート、中身はこんな感じです。罫は横罫・方眼罫と2タイプですがレイアウトは共通で、一番広い1のエリア、縦に長い左側の2のエリア、一番下の横長の3のエリアと3つに分かれています。これはアメリカのコーネル大学で開発されたシステムノート。さて使い方は……。

1のエリアには「授業や打ち合わせの内容」を書きます。自分が読めればOKと割り切って、記号や略を多用してなるべく簡潔に書くのがポイント。
2のエリアには授業や打ち合わせが終わったらすぐ、1の内容の中で「重要と思うキーワードや疑問点」を書き出します。
3のエリアは、後から「1の内容を要約」して2~3行に短くまとめます。ノートを取ってからこうして2段階で見返し、作業をすることで内容への理解が自然と深まり、頭の中で整理されるというわけ。もちろん使い方は自由にアレンジでき、日本でも小学生からビジネスマン、主婦と多くの方が活用されているとか。面白そう!と思ったらあなたも始めてみませんか。本文128ページ、見返しに使い方の説明が付いています。

[学研ステイフル CN A5綴じノート 各種税込756円]

TO DO管理の達人になろう

img_item_kotokiji_sub_01

こちらはA5横使いのリングノートです。ピンクは方眼罫、ミントグリーンは横罫、と分かりやすくて選びやすい表紙です。

セパレート式のノート&TODOリスト付き

img_item_kotokiji_sub_01

ミントグリーンのノートを開いてみるとこんな感じです。横罫のメモスペースと、右サイドのスペースが分かれています。
広いスペースには打ち合わせや授業などの内容、左はTO DOリストとして16もチェック項目を書き込めます。ページが分かれているので、それぞれ必要なページを別々に開くことができます。このノート、語学の勉強に使うのもアリ。右ページには新出単語を書くのにちょうど良さそう。本文50枚、裏表紙にノートの使い方の説明が付いています。

[学研ステイフル TWIN A5リングノート 各種税込648円]

img_item_kotokiji_sub_01

“見返したくなる手帳・ノートづくり”をテーマに、KITTAと機能的なノートをご紹介しました。マーカーの代わりにKITTAを貼ったり、長方形ではないKITTAのシールを貼ったり。手帳の余白にイラスト替わりに貼ってデコったり。手帳やペンケースにKITTAを入れておけば、外出先で思いついたときにもさっとアレンジできます。お気に入りのノートと一緒に、手帳やノートづくりを楽しんで、それらを見返すことで仕事や勉強、暮らしに役立ててみてくださいね。

ご紹介した商品はロフト各店舗のほか、ネットストアで取扱いしています。
※店舗により、取扱い状況は異なります。詳しくは、ご希望の店舗までお問い合わせください。

記事配信日:2019/01/15

PageTop