コトキジ KOTOKIJI

お正月はみんなで“きき雑煮”を楽しもう!!

ご当地お雑煮ワールド

twitterfacebook

#カルチャー #イベント #きわめる #季節を楽しもう

お正月に楽しみたい「ご当地雑煮」シリーズのご紹介記事を再ピックアップ!12月15日(土)に銀座ロフトで開かれた「全国ご当地お雑煮 試食&トークイベント」の模様も記事の最後でお伝えいたします。
※取扱い各店舗、残りの商品在庫も少なくなっておりますことが予想されますのでご注意ください。

       *****

平成最後のお正月は家族や友人、普段はなかなか会えない親戚の方々ともお家に集まって、皆でわいわい賑やかに過ごしたいですね。そんな特別な日の食卓におすすめの「ご当地雑煮」シリーズをご紹介します。みんなでお雑煮の食べ比べ“きき雑煮”を楽しんで、魅惑のお雑煮ワールドを味わいましょう!

■お雑煮の“普通”は人それぞれ

お正月の定番料理、あなたが思い浮かべる「お雑煮」には何が入っていますか?
お餅は丸い形ですか?それとも、四角い形ですか?
そのお餅は、焼いてありますか?もしかして、中にあま~いあんこが入っていたりするのでは……?

入っているお餅だけでも十人十色。皆さんも、日本全国津々浦々、地域やご家庭によってお雑煮の具やスープが違うことに薄々気が付いていたのではないでしょうか。

でも「お雑煮」という料理は、おせちと違って販売・購入することも一般的ではないので実際に食べ比べることは難しいですよね。そんな夢の“きき雑煮”を現実のものとするレトルトパウチ食品「ご当地雑煮」シリーズをみんなで楽しみましょう!

■全6種類の「ご当地雑煮」シリーズ

img_item_kotokiji_sub_01

「ご当地雑煮」シリーズは全6種類のレトルトパウチ食品です。湯せんかレンジアップで、手軽に様々な地域のお雑煮を楽しむことが出来ます。各ご当地お雑煮それぞれのイメージビジュアルがあしらわれたBOX入りの商品なので、正月のご挨拶ギフトにもおすすめです。

1. 岩手 宮古くるみ雑煮

img_item_kotokiji_sub_01

岩手県の「宮古くるみ雑煮」には人参、大根、ゴボウなどの根菜がたっぷり入っています。宮古地域ではお餅を取り出して、お砂糖の入ったあま~いくるみダレにからめてスイーツ感覚で食べるんだとか。甘いとしょっぱいが一度に楽しめるお得感たっぷりのこのご当地お雑煮は、女子におすすめです!

[岩手 宮古くるみ雑煮 税込648円]
※画像はイメージです。

2. 京都 白みそ雑煮

img_item_kotokiji_sub_01

京都府の「白みそ雑煮」のスープはかつお昆布出汁の利いた、西京みそ仕立ての優しく品の良い味になっています。お餅や大根、京人参や里芋などの具材はすべて丸く切ってあるのがポイントです。「家族円満」や「ものごとが丸く収まるように」などの縁起にかかっています。

[京都 白みそ雑煮 税込648円]
※画像はイメージです。

3. 福島 會津こづゆ雑煮

img_item_kotokiji_sub_01

福島県「會津こづゆ雑煮」は年間を通してお祝いの席でふるまわれる「ごつゆ」という会津地域の郷土汁物料理をベースにしたお雑煮です。スープは貝柱出汁のすまし汁。たけのこ、しいたけ、豆麩、しらたき、きくらげ、銀杏、わらびなど具も沢山!お肉は入っていないのでさっぱりと召し上がれます。

[福島 會津こづゆ雑煮 税込648円]
※画像はイメージです。

4. 鳥取 米子あずき雑煮

img_item_kotokiji_sub_01

ぜんざい……ではなくて、鳥取県の「米子あずき雑煮」をご紹介します。甘さを抑えたこのお雑煮は、あずきの粒感がしっかりと感じられる、さらっとしたスープです。全国にはこんな風にあずき入りの雑煮や、お餅にあんこの入った雑煮を召し上がる地域も実は多いのです。あずきは邪気を払ってくれると言われている食材なのでお正月にもぴったり!

[鳥取 米子あずき雑煮 税込648円]
※画像はイメージです。

5. 東京 江戸雑煮

img_item_kotokiji_sub_01

東京都「江戸雑煮」には鶏肉、しいたけ、人参、ほうれん草が彩りキレイに浮かんでいます。別名「菜鶏(名取り)雑煮」という呼び名も立身出世を志す、お江戸の武士らしいセンスです。スープはかつお出汁の醤油仕立てで、みりんの味が濃いめに利いています。「敵をのす」と「のし餅」をかけた切り餅を焼いて添えているのが江戸前雑煮のベター。

[東京 江戸雑煮 税込648円]
※画像はイメージです。

6. 鹿児島 焼きえび雑煮

img_item_kotokiji_sub_01

九州地方は丸餅が多いのですが、鹿児島県「焼きえび雑煮」は切り餅を焼いています。香ばしい焼きえびでお出汁を取った珍しいスープは鹿児島のあま~い醤油で整えられています。他の具材は白菜や豆もやし。豆もやしは「マメマメしく過ごせますように」のお祈りを込めた縁起物です。

[鹿児島 焼きえび雑煮 税込648円]
※画像はイメージです。

■“きき雑煮”にぴったりの6種類セット

img_item_kotokiji_sub_01

最後にご紹介するのは、ギフトにもおすすめの「お雑煮六種食べ比べセット」です。夢の“きき雑煮”がこれ一つで楽しめますね!

[お雑煮六種食べ比べセット 税込3,888円]

■銀座ロフトでお雑煮イベントが開かれました!

img_item_kotokiji_sub_01

銀座ロフトでは12月15日(土)に「ご当地雑煮」を監修した、株式会社「お雑煮やさん」代表・粕谷浩子さんをお招きして「全国ご当地お雑煮 試食&トークイベント」を開催いたしました。

粕谷さんはお雑煮研究の第一人者として、各地域の食文化の幅広いノウハウと100種を超えるお雑煮レシピを有し、その知識を生かして精力的にメディア活動などの普及活動を行っています。

お越しくださったお客様には時間たっぷり、明るくフレンドリーな粕谷さんのお雑煮トークと試食を楽しんでいただきました。

img_item_kotokiji_sub_01

こちらはご試食いただいた彩りばっちりの「東京 江戸雑煮」です。

地方に出かけるたびに、地道にご当地お雑煮についての調査を続けているという粕谷さん。その調査方法のひとつは、なんと各地の銭湯で地元に住まわれている方と交流をするというもの。一緒にお湯に浸かりながら、お雑煮にまつわるエピソードを教えていただくそうです。

発達した情報社会においても、日本各地の地域野菜やご当地調味料にはまだまだ「知らなかった!」があふれていることを再確認できたこのトークイベント。粕谷さんの熱いお雑煮愛に、お客様も試食を楽しみつつ熱心に耳を傾けられていました。

       *****

ご紹介した商品はロフト各店舗でお取扱いしております。
店舗により取扱い状況は異なります。詳しくはご希望の店舗までお問い合わせ下さい。

★ロフトネットストアで迎春・お正月グッズ特集を見る>>

記事配信日:2018/12/14、2018/12/31

PageTop