コトキジ KOTOKIJI

夏の女子旅におすすめ!

「御朱印ガール」始めませんか?

twitterfacebook

#ステーショナリー #形から入ってみよう

全国各地にある神社やお寺でいただける御朱印。
お参りをした証にいただいた御朱印は、同じものが二つとないので、旅の思い出になったり、また、書かれた文字の意味を知る楽しみがありますよね。
近年では、御朱印集めにはまる若い女性が増えていて、「御朱印ガール」なんて言葉も登場するほど。友だち同士で御朱印集めに出かけてみるのも楽しそう!

■御朱印帳をもって出かけよう!

img_item_kotokiji_sub_01

お寺や神社を巡るときにぜひ持ちたいのが御朱印帳。
最近ではかわいらしい柄の御朱印帳や、持ち運びしやすい小さめサイズの御朱印帳など、さまざまな種類が登場しています。お気に入りの御朱印帳がきっと見つかるはず!

[てのひら御朱印帳 各種 税込1,620円]

img_item_kotokiji_sub_01

そのほかにも御朱印帳を入れられるケースや初穂料入れなど、御朱印帳と一緒に使えるアイテムがたくさん出ているので、揃えて使うのもおすすめですよ◎

[ゴムバンドまめがま ネギ 税込1,059円]
[てのひら御朱印帳 ふくふくうさぎ 税込1,620円]
[マルチポーチ 七宝 税込2,031円]

ネットストアで見る>>

■御朱印をいただく前に

img_item_kotokiji_sub_01

さっそく神社へ出発!
御朱印は記念スタンプではなく、参拝した証。お参りをしてからいただくのがマナーです。
まずは手水舎で手や口を清めます。

img_item_kotokiji_sub_01

参道を通ってご神前に進み、お参りします。
神社であれば、二礼二拍手一礼の作法での拝礼が基本です。

■御朱印をいただきます

img_item_kotokiji_sub_01

御朱印をいただくときは、書いていただくページを開いてお渡しします。また、お釣りの手間がかからないように事前に小銭を準備しておくとスムーズです。
いただいた御朱印は大事に保管しましょう。

img_item_kotokiji_sub_01

この夏の女子旅は、お気に入りの御朱印帳と一緒にお寺や神社を巡って、御朱印を集めてみませんか?

撮影協力:金王八幡宮[HP]
東京都渋谷区渋谷3丁目5番12号

ご紹介した商品はロフト各店舗・ネットストアでお取扱いしております。
※店舗により取扱い状況は異なります。ご希望の店舗までお問い合わせください。

記事配信日:2018/08/01

PageTop