コトキジ KOTOKIJI

カラダの中からヘルシーに

「食べトレLUNCH」で生活をスイッチ!

twitterfacebook

#暮らし #形から入ってみよう

綺麗になりたい、理想のカラダに近づきたい!と思った時に重要になってくる食事。ぜひ「ランチタイム」を活用しませんか?お昼はしっかり食べても午後の活動に必要なエネルギーのもとになるので太りにくいといわれています。
そこで大手フィットネスクラブTIPNESSが、ランチタイムを「食べトレタイム」として有効活用してほしい、なりたい自分の目的別に、しっかりと昼食をとってもらいたい、そんなコンセプトでお弁当箱を開発しました。食コンディショニングトレーナーの資格を持つ“奇跡の49歳ティップネス部長”が、「食べるトレーニング」をテーマに開発したTIPNESS監修のレシピ「食べトレ」レシピでお悩みを解決しちゃいましょう!

今回はスポーツやトレーニングに興味がある女子たちで結成した、ロフト公認のロフトレ女子部のメンバーに実際に作ってもらいました!

■「食べトレ」レシピとは?

img_item_kotokiji_sub_01

この食べトレ弁当箱には「食べてなりたい自分になれるレシピ」がついてきます。
「食べトレ」レシピは3つの目的別。
①腸内環境を整えて疲れないカラダ
食物繊維が豊富な食品や発酵食品を積極的に摂ることで、腸内環境を整える。
②代謝をあげて太りにくいカラダ
エネルギー代謝を高める食品を摂って、太りにくいカラダを目指す。
③抗酸化力を高めて美しいカラダ
緑黄色野菜や果物など抗酸化作用のある食品を摂ることで、新陳代謝を活発に。
なりたい目的別のメニューがわかりやすいレシピになっていますよ。

■実際に作ってもらいました!

img_item_kotokiji_sub_01

レシピブックにはレシピだけでなく、食事のリズムを整える「基礎トレ」、1日の活動量によって食事の量を調整する「量トレ」、目的や調子に合わせて食べるものを選択する「質トレ」の3ステップによるトレーニングで、ティップネスならではの、単なるカロリーコントロールで終わらない「食べ方」を提案しています。
そこでロフトレ女子部のメンバーには、それぞれ気になるお悩みに合わせて、レシピブックを参考に、実際にお弁当を作ってもらいました!

img_item_kotokiji_sub_01

便秘気味で疲れやすいのがお悩みという小林さん。「腸内環境を整えて疲れないカラダのレシピ」を参考にお弁当を作ってもらいました。
お弁当には食物繊維の多いごぼうや、レタスのおかずをいれ、スープジャーには玄米粥とひじきふりかけで腹持ちよく。さらにビタミンの多いイチゴも一緒に入れました。

img_item_kotokiji_sub_01

しっかりパワーをつけて会社のあとにジムに行くという五位渕さんは、「代謝を上げて太りにくいカラダのレシピ」を参考に、代謝をあげてくれるお肉&ショウガ(牛ステーキ)、タンパク質の多い焼鮭をお弁当のおかずに。そのほかに美肌にも良い玄米+梅干しを入れました。

img_item_kotokiji_sub_01

少し肌荒れが気になる…という小谷津さんは、「抗酸化力を高めて美しいカラダのレシピ」を参考にお弁当を作ってもらいました。
抗酸化作用のある緑黄色野菜の「ほうれん草」やフルーツをたっぷりと入れて、美肌や美腸にも良い玄米のおにぎりをプラスしました。

ネットストアで食べトレ弁当箱を見る>>

いかがでしたか?まずは付属のレシピ通りにお弁当を作ってみて、慣れてきたらロフトレ女子部のようにレシピを参考に作ってみるのもいいですよね。
今年は「食べるトレーニング」で健康的にスタイルアップしましょう!

ご紹介した商品はロフト各店舗のほか、ネットストアで取扱いしています。
※取扱い内容は異なる場合がございます。ご希望の店舗までお問い合わせください。

▼撮影場所「http://keisukematsushima.tokyo/KEISUKE MATSUSHIMA」
外国人として最年少でフランス・ミシュラン一つ星と2つの勲章を獲得した松嶋啓介シェフのレストラン。
体に優しい南仏ニース料理が楽しめます。

記事配信日:2018/03/10

PageTop