コトキジ KOTOKIJI

野菜をもっとおいしく!

野菜を洗うためのお水「ベジセーフ」

twitterfacebook

#暮らし #ひそかに欲しい

わたしたちの「身体」と「心」をつくるうえで大切な食事。
特に栄養価の高い野菜は、健康的な生活を送るためにも積極的に摂取していきたいもの。口に入れるものは日々おいしく安全に食べたいですよね。
ただ、気を付けるといっても、普段野菜は軽く水洗いをして汚れを落とすくらいの方も多いのではないでしょうか。あとは産地や栽培方法を気にするくらい?ほかにできることは何があるだろう…?

■おいしく野菜を食べたい!

img_item_kotokiji_sub_01

そこで、野菜をよりおいしく食べるためにつくられたのが「ベジセーフ」。界面活性剤、防腐剤、香料・着色料不使用で、純水と炭酸カリウムを電気分解して作った食品専用の洗浄水です。
使い方は簡単。ベジセーフを野菜に吹きかけて、なで洗いして、水で洗い流すだけ。

■実験をしました。

img_item_kotokiji_sub_01

それでは、ベジセーフで野菜を洗っていきましょう。使うのは生で食べることも多いミニトマトです。
まず、へたをはずしたミニトマトに、ベジセーフをまんべんなくスプレーしていきます。ミニトマト5つに8プッシュが目安です。

img_item_kotokiji_sub_01

ベジセーフを吹きかけたミニトマトをころころ転がしてみると…

img_item_kotokiji_sub_01

黄色い水がでてきました。この黄色い水はミニトマトに残っていた、展着剤*が落ちたものです。この時に落ちるのは展着剤なので、トマト自体の色は落ちません。あとは水ですすげばOK!
普段流水ですすぐだけでは落とせない薬剤も、ベジセーフなら落とせるんです。

*農薬や緑化資材を散布する際に散布対象への付着を容易にするために媒介的に用いられる薬剤

ちなみに、ベジセーフは野菜だけではなく、お肉や魚にも使えます。
使い方は野菜と一緒。スプレーして、水で流して、水気をふき取るだけ!
お肉はアクと余分な油分を除いておいしくヘルシーにいただけます。魚は生臭さと余分な水分を除いて下ごしらえが簡単にできます。
これからの季節、BBQなど外で調理をする時に気になる衛生面。そんなときにも便利ですね◎

■実際に使ってもらいました!

img_item_kotokiji_sub_01

このベジセーフをsaitaPULSの読者の方に実際に使っていただきました。
使った感想はsaitaPULSのサイトに投稿されています。ぜひチェックしてくださいね!

■サンプルプレゼント!

img_item_kotokiji_sub_01

2月15日(木)に、対象店舗をお気に入り登録されている方へ「サンプルプレゼント」のお知らせが届きます。アンケートにお答えいただき、その後表示される「サンプルプレゼント画面」をレジにてご提示で、先着で「ベジセーフサンプル」をプレゼント!
数に限りがありますので、なくなり次第終了となります。お早目にゲットしてくださいね!

■サンプリング期間
 2018年2月15日(木)~2月22日(木)
※対象サンプルのお受け取り、アンケートの回答は、全店通じてお一人様1回限りとなります。
※一部キャンペーンを実施していない店舗があります。詳しくは、ご希望の店舗へお問い合わせください。

※終了いたしました。

「ベジセーフ」は、ネットストアでも取扱いしています。
※ネットストアではサンプリングは除外です。
[野菜洗いのお水 ベジセーフ 税込1,620円]
[野菜洗いのお水 ベジセーフ 詰め替え用 税込3,645円]

ご紹介した商品はロフト各店舗のほか、ネットストアでもお取り扱いしております。
※取扱い状況は店舗により異なります。詳しくはご希望の店舗までお問い合わせください。

記事配信日:2018/02/15

PageTop