Mart×貝印×ロフトコラボ企画

前日の晩ごはんをごちそうお弁当に!

1月中旬に、雑誌Martとロフトがコラボレーションしたお弁当作りの教室が開催されました。
講師はタレント・モデルであり、食育インストラクターでもある和田明日香さんです。

■Mart×ロフトお弁当作り教室with和田明日香さん

img_item_kotokiji_sub_01

会場は、千代田区岩本町にある貝印さんのコミュニケーションスペース”カイハウス”。とってもおしゃれで綺麗な空間です。

■見た目もきれいでおいしい、かんたんお弁当おかず

img_item_kotokiji_sub_01

今回のイベントでは、朝の忙しい時間にも簡単に作れて見た目も可愛く、おいしいお弁当おかずを教えていただきました。
使うのは煮物やカレーなど、前日の晩ごはんの残りもの中心なので、コスパもばっちり◎
貝印さんのキッチン雑貨を使って簡単にリメイクしていきます。

■前日の晩ごはんリメイクレシピその①オムカレー

img_item_kotokiji_sub_01

残りもののカレーを使って、”オムカレー”を作ります。
「お弁当応援!ちゅーぼーず」のミニオムライスメーカーのに容器に卵とサラダ油・ごはんとカレーを入れてチンするだけ!あっという間に完成!

img_item_kotokiji_sub_01

■リメイクレシピその②根菜つくね

img_item_kotokiji_sub_01

こちらは、残った煮物とひき肉を使ってつくる”根菜つくね”。
煮物の根菜をみじん切りにするのですが、「お弁当応援!ちゅーぼーず」のサンドイッチ用たまごメーカーを使えばとっても楽ちん♪煮物の根菜をスプーンで押し込むだけなんです。
あとは片栗粉とひき肉、たまごを加えてよくこねたらハンバーグ上に成形、フライパンに油をひいて弱火でしっかり焼き上げます。
しょうゆとみりんを合わせ入れ、つくねに絡めながら軽く煮詰めたら完成です。

img_item_kotokiji_sub_01

■完成したおかずを詰め込んで・・・

img_item_kotokiji_sub_01

上でご紹介した以外にも短時間でたくさんのおかずを作りました!
Mart読者会員を含めた約20名のママたちが和田明日香さんと一緒におかずをお弁当箱に詰め込んでいきます。

img_item_kotokiji_sub_01

今回ママたちには、お子様用としてはらぺこぐまの可愛いイラストの2点ロックランチボックス。パパ用としてシンプルなデザインのアメリカンビンテージのメンズランチボックスを使ってもらい、おかずを詰め込んでもらいました!

img_item_kotokiji_sub_01

さまざまな形のおかずを綺麗に詰め込むのは、意外と難しいです。
みなさん可愛い詰め込み方を試行錯誤しています!

img_item_kotokiji_sub_01

アメリカンビンテージのメンズランチボックスは、サイズも大きく沢山のおかずを入れることができます。大きいお弁当箱は仕切りを入れつつ、大きいおかずを先に入れて、すきまを埋めるように詰め込んでいくとキッチリとおさまります。

■可愛く詰め込みができたでしょうか・・・?

img_item_kotokiji_sub_01

みなさんで詰め込んだお弁当ができあがってきました!
和田明日香さんも詰め込みが終わりました。レンコンを仕切りとして使うとお弁当が崩れにくく、可愛くもりつけることができるそうです!

img_item_kotokiji_sub_01

ママたちのお弁当から和田明日香さんが選んだのは、こちらのお弁当!
レンコンを車輪のように置いて、バランスもよく、お弁当が崩れにくい綺麗な詰め込み方です!

2月28日(火)発売のMart4月号にて詳しいレシピとイベントの様子をご紹介しています。ぜひチェックしてください。

紹介したアイテムはロフト各店舗のほか、ネットストアでも取扱いしています。

<ロフトネットストア>
Martk掲載商品はこちら

アプリでサクサク記事が読めます

アプリで店舗の取扱いが確認できます

  • iOS AppStore
  • Google PlayStore